日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

投資家と直接対話し、企業価値向上を目指す

オムロン

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者が登場します。

2016年7月に行われたアナリスト・機関投資家向け制御機器体験セミナーの様子。

証券会社で行われる個人投資家向け説明会。

オムロンは1933年に創業しました。当時の社名は「立石電機製作所」で、創業者の立石一真がレントゲン写真撮影用タイマを開発したことが始まりです ...

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

投資家と直接対話し、企業価値向上を目指す(この記事です)
グループ一体となった「質の高い対話」を実現
工場現場で製造工程公開 「体感」で事業理解を促すIR活動
平田機工が創業の地・熊本へ回帰 復興支援の株主制度も導入
非財務情報も積極的に開示 「マーケティング視点のIR」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する