日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

カルビー松本晃会長のプレゼン分析「大胆な発言を裏打ちする緻密な戦略」

永井千佳(エグゼクティブ・スピーチ・コンサルタント)

経営者の「プレゼン力」を診断。声・表情・身振り・ファッションといった視点から毎号、分析します。

カルビー 代表取締役会長兼CEO 松本 晃

at.5月25日(木)
「越境EC事業に関する記者会見」
in マンダリンオリエンタル東京

人気商品「フルグラ」海外で初の本格展開へ まずは越境ECサイトで販売
カルビーは5月25日、中国の電子商取引最大手・アリババグループの日本法人アリババとパートナーシップを結び、2017年8月から越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)」内で「フルグラ」の先行販売を開始すると発表。それに先立ち、カルビー、アリババ両社のトップによる記者会見が行われた。

「私はホラ吹き。ホラは2~3年すると夢に変わり、現実になると思っている。中国で1000億円は十分可能だ。ついでにホラを吹くと、究極の販売地域は北米」。

プレゼンで「フルグラを1000億円売る」と語った松本会長。しかし、今夏稼働する北海道工場の生産額は40億円、来年夏稼働予定の京都工場でも150億円。「目標と現実の生産量の乖離は?」という質問に、飄々と冒頭のように答えた。

後日、各社の記事を確認すると、「ホラ」の部分はカットされ「1000億円目標」という見出しばかりだ。会見では「オフレコ」「ホラ」と断っても、そのまま事実として報道される。そしてニュースバリューが大きければ、メディアは取り上げる。実は確信犯なのだ。

配布資料には「Just do it! やってみなはれ!! カルビー松本」という手書き色紙を持つ松本会長の写真。このメッセージは、ナイキとサントリーの理念を組み合わせたものだ。

プレゼンと質疑応答でも、"松本節"が炸裂した。「中国でフルグラに勝てるライバル商品はひとつもない」「ポテトチップスはかさばる。運んでいたらキリない。ほとんど運賃」といった大胆な発言も、はんなりとした京都弁がクッションになり、すんなり受け容れられてしまう ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断の記事一覧

プレゼン力診断の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する