日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

匿名記者が明かす残念な広報対応

取材のペースを乱さないで!広報の同席でインタビューが台無しに

記者と広報は、なぜすれ違う?第一線で活躍するメディアの記者に本音で語ってもらいました。

週刊誌記者 Tさん(女性)

月刊誌や週刊誌などを渡り歩き、編集歴は10年を超える。カバー範囲は政治経済から文化・芸能まで幅広い。最近ようやくInstagramを始めてみたものの、フォロワーが7人しかいないのが密かな悩み。

ものすごくダメ、というわけではない。仕事が早く、人当たりもよく、基本的には付き合いやすい広報の部類に入る。おそらくご本人も、自分自身を「デキる広報」だと思っていらっしゃることだろう。が、そういう人の中にこそ潜んでいるのだ。記者にとっては「うーん……残念」と思わざるを得ない広報が──。

「分かりました!すぐに取材をセッティングしますね!」。とある企業の広報、Aさん(女性)に「御社の『仕事ができる社員』をインタビューさせてほしい」とメールをすると、数時間も経たないうちにそう返事があった。担当する週刊誌の企画で、複数企業の社員数人のサクセスストーリーを取材しなくてはならず焦っていた私にとって、いち早く取材を快諾してくれたAさんは頼もしい存在に思えた。

Aさんと仕事をするのはその時が初めて。数週間前に、普段親しくしている別の企業の広報担当者の紹介で知り合った。名刺交換をした際、「ぜひ、一緒に仕事をしたい!」と熱く語ってくれたので、せっかくだからお願いしてみることにしたのだ。

うまく話しが進まない「違和感」の正体

Aさんは数日のうちに、役員のBさんの取材をセッティングしてくれた。ここまでは本当にスムーズで、非の打ちどころがない対応だった。そう、ここまでは……。

インタビュー当日。取材の場に、Aさんも同席してくれた。このインタビューはBさんの入社から現在までのキャリアについて時系列で話を伺い、その成功の秘訣を聞く、というのが趣旨。Bさんはどうやら取材慣れしているらしく、冒頭から軽快な調子で話し始めた。

ただ、開始数分後から、そこはかとない違和感があった。Bさんとコミュニケーションがうまく取れない感じがする。しばらくして、その原因が同席するAさんの態度にあるのではないか、と気づいた。「うん、うん、うん、うん!そうですね、まさにそうですね!!」と、Bさんの話にやや食い気味で相づちを打ち続けているのだ。これが気になって気になって仕方ない ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

匿名記者が明かす残念な広報対応 の記事一覧

取材のペースを乱さないで!広報の同席でインタビューが台無しに(この記事です)
その写真、使えません!カルチャー誌編集者が訴える「広報用画像」の重要性
元情報誌編集者、大量タイトルを売り込む音楽業界 PR事情に物申す
若手を勘違いさせるな!「広報担当者の集まり」に物申す
取材同席で居眠り…頼むから起きて!専門誌記者が出会った残念な広報
予定していたインタビューが同業他誌に!記者が語る、社長取材白紙の顛末

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する