日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PR動画の効果

東京メトロ、宇治市ほか 3~4月に公開されたPR動画の効果

3月から4月にかけて公開されたPR動画から、7本を厳選。動画によるPR効果、手がけたスタッフを調べました。

東京地下鉄、サントリーコミュニケーションズ/東京メトロ、コーヒーBOSS

「『THE LAST TRAIN』働くって、いいもんだ。」

STORY

駅員が終電後の駅で見回りをしていると突然照明が消える。するとデジタルサイネージにメッセージが流れ、サプライズを仕掛けた同僚たちが花束を持って登場。それは定年退職を迎えた駅員への、サプライズだった。東京メトロの社員と「働く人の相棒コーヒー」をコンセプトとするサントリー「BOSS」とのコラボレーション。

目的

東京メトロとサントリー「BOSS」が協力し、働く人々にポジティブな気持ちを届ける

DATA
再生回数 41万回(3月27日~4月20日)
パブリシティでの掲載・放映メディアの属性・数 テレビ:2番組
雑誌:1誌
インターネットメディア:35媒体

※東京メトロ車内ビジョンなど広告出稿あり

    STAFF

  • 広告会社/電通(担当責任者/飯田信弥)
  • 制作会社/東北新社(同/海老澤伸)

京都府宇治市/平等院、萬福寺、三室戸寺、宇治茶

「観光アクションゲーム『宇治市~宇治茶と源氏物語のまち~』」

STORY

宇治市の観光名所や名産品が登場する、架空の2D横スクロールアクションゲームが始まる。萬福寺や三室戸寺、宇治橋などの名所で敵と戦い、観光ボランティアの説明を受けて進む。最後にナゾの大魔王の正体が明らかになり主人公は負けてしまうが、CONTINUEの画面で「宇治に行って住む」ことを選び、ゲームをクリアする。

目的

メインターゲットである30代から40代の子育て世代を中心に、市の魅力を広く発信する

DATA
再生回数 24万3330回(3月3日~4月19日)
パブリシティでの掲載・放映メディアの属性・数 テレビ:9番組
新聞:7紙
ラジオ:1番組
インターネットメディア:65媒体

※動画サイトなど広告出稿あり

    STAFF

  • PR会社/電通 京都支社(担当責任者/上田拓郎)
  • 広告会社/電通 関西支社(同/西村典哲)
  • 制作会社/電通 関西支社(同/藤井 亮)

福岡県北九州市・山口県下関市/関門地域

「COME ON!関門!~海峡怪獣~」

STORY

関門海峡近くで遊ぶ少年たち。誤って渦潮にボールを落としてしまい、海の中にいた巨大な海峡怪獣を発見する。怪獣を見て絶望した人々は叫びながら逃げまどう。だが怪獣は流れの速い関門海峡の渦潮に足を取られて転んでしまい、海の底に流されていく。人々は驚きながら、危機を乗り越えたことを喜び合う ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PR動画の効果 の記事一覧

東京メトロ、宇治市ほか 3~4月に公開されたPR動画の効果(この記事です)
増える海外向けインバウンド動画、その効果は?2~3月に話題のPR動画まとめ
呉市のTRFダンス動画、パブリシティ効果は?1月~2月に話題のPR動画7本
「国立劇場版PPAP」のパブリシティ効果は?12月~1月に話題のPR動画7本
11~12月に公開されたPR動画 効果と手がけたスタッフを調査
10~11月に公開されたPR動画 効果と手がけたスタッフを調査

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する