日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「物語」で強くなる コーポレートブランド

リリース配信会社に聞く 共感を呼ぶストーリーの法則

山口拓己(PR TIMES 代表取締役社長)

対メディアのみならず、一般の生活者にも直接情報を届けられるリリース配信サービス。ソーシャルメディア上での拡散など、効果が高いのはどんな内容のリリースなのか。PR TIMESでの配信実績や体系化したプログラムをもとに検証してみよう。

現在のメディア環境下で、話題を集めるニュースリリースの共通項とは──。ここでは1万7000社が利用しているリリース配信サービス「PR TIMES」の配信実績データをもとに、検証してみたい。

図1では、2016年11月から2017年4月の間に「PR TIMES」上で配信されたリリースのうち、PV数上位の3社の例を示した。それぞれ話題化した要因を検証すると、「感情に訴える」「絵素材」「共感」「つながり」「自分ゴト化」といった要素をかけ合わせていることが分かる。

図1 「PR TIMES」PV上位のリリースに見るPRバリュー分析

例えば育児支援事業を提供する、キッズライン社の場合。ちょうど認可保育園の入園可否通知が出揃う時期に合わせて、2月に「保育園に落ちた方にポイントを進呈する」という内容のリリースを配信した。共感を呼びやすいタイミングであると同時に、一目でリリース内容の趣旨が分かる絵素材を用意しSNS上で拡散したという点も大きい ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「物語」で強くなる コーポレートブランドの記事一覧

「物語」で強くなる コーポレートブランドの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する