日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

非財務情報も積極的に開示 「マーケティング視点のIR」とは?

J.フロント リテイリング

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者が登場します。

IRサイトは2013年からレスポンシブ対応し、また4年連続で大和IRの「インターネットIR表彰」で優良賞に選定されている。

J.フロント リテイリングは2007年に百貨店の大丸と松坂屋が経営統合して設立された会社です。その後パルコを子会社化し、またスタイリングライフホールディングス、千趣会を持分法適用関連会社化するなど、百貨店を核としながらも百貨店に過度に依存しない"マルチリテイラー"として、事業のウイングを着実に広げてきました。

こうした取り組みを通じ、当社への見方が徐々に変わりつつあるという実感が得られるようになってきました。とは言え、バリエーションという点では他社百貨店銘柄と現時点では大きな差は見られず、資本市場での差異化が充分にはかられているわけではありません。そのため …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

非財務情報も積極的に開示 「マーケティング視点のIR」とは?(この記事です)
「メード・イン・マーケット」で海外投資家向けのIRを強化
グループの成り立ちも説明 納得感を持たせるIRとは
工場見学によってBtoB産業を可視化する
女性顧客以外にも理解を促す千趣会のIR

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する