日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

報道対応Q&A

「広報パーソンは日経とどう向き合っている?」緊急アンケートで明らかに

社内外に強い影響力を持つ日本経済新聞との向き合い方は、多くの広報パーソンにとって重要なテーマのひとつ。自社のスタンスや経験談を聞いた。

広報会議編集部がこのほど実施した匿名アンケートで改めて明らかになったのは、広報部門や広報担当者の中での『日経』の圧倒的な存在感だ。メディアリレーションズにおいて日経を重視しているかとの質問(Q1)には9割が「重視している」と答え(「大変重視している」「重視している」の合計)、「重視していない」との回答は4%だった。

その理由はフリーアンサーから読み取れる。ひとつがステークホルダーへの影響力だ。具体的には取引先や顧客などのビジネスパートナー、株主など。もっとも、広報部門のステークホルダーという意味では自社の社長や役員も含まれる。いわば「日経に載ると社長が喜ぶ」ということだ。2つめは他メディアへの波及力。

日経本紙や日経産業新聞、日経MJ、日経電子版をチェックしているのは、テレビや雑誌、専門紙誌、ネットニュースなどの制作者も多く、さらなるメディア露出への可能性が広がる。3つめは記者の質が高いこと。他の一般紙と比べ経済分野に特化した教育を受けているため、業界のビジネス構造を理解し的を射た取材をする記者が多いとの声はよく聞かれる。

偏った視点を持たず、ストレートに報道してくれると感じている広報担当者も少なくない。丁寧に対応してくれるとの声もあった。4つめは意外ともいえるがハードルの低さがありそうだ。上場企業であれば担当記者がつき、定期的に連絡を取り合う体制ができている。本紙への掲載が実現しなくても産業、MJに書いてくれる可能性がある。日経への記事掲載獲得という「成功事例」を4分の3が持つという結果からもそれはうかがえる(Q2)

発表前の情報を記者に伝える「リーク」の習慣があるとの回答は45%に上った(Q4)。広報にとっては、掲載の可能性を高めるというメリットがある一方で、後述するようなリスクも存在する。広報パーソンは情報を武器にいかに記者と向き合うか。改めて自社のスタンスを考えたい。

    Q1.日経新聞での記事掲載や日経記者との付き合いをどのくらい重視していますか。

    日経新聞との付き合いを重視する理由

  • ステークホルダーに広く情報発信できる。他メディアは二の次でいいくらい(自動車・機械)
  • 意識の高い新卒学生が読んでいる(IT・情報通信)
  • 株主への影響力。記事掲載後、株価に大きく反映された(非公開)
  • 潜在顧客への訴求力(電機・精密機器)
  • 記者の質が高く、取材の受けがいがある。掲載されると広報室の評価も高まる(自動車・機械)
  • 日本を代表する経済紙であり、他紙に比べても公平・中立な印象を受ける(商社)
  • 記者が優秀だから、出る記事の質が高い(非公開)
  • 企業のエグゼクティブ層の認知度が高い。経営陣も重視している(シンクタンク・コンサルティング)
  • 大消費地である首都圏で記事露出するため。他の一般紙は、首都圏と各地方で経済面に掲載される記事が異なる。日経は記事が基本的に全国に掲載される(食品)
  • 採用面から重視せざるを得ない(電機・精密機器)
  • テレビ局の経済担当記者も必ず目を通している(電機・精密機器)
  • ビジネスへの影響力がある。ただし、専門紙誌への発信も同じくらい重要(IT・情報通信)
  • 日経新聞を重視しない理由

  • メディア選別はしないようにしている(医薬品)
  • 即、購買につながりやすいファッション誌への露出を重視しているため(小売)
  • 専門誌の優先度が高いため(非公開)
  • 担当記者が毎年のように新人に変わるため、当社に対する理解度が低い(自動車・機械)

    日経記者の特性・エピソード

  • 1年または1年半で異動してしまう(自動車・機械)
  • 多くの記者は賢く「1を聞いて10を知る」といった感じで、呑み込みが早い。一方で、支局は記者の人数が少ないので、地元紙のように小回りが利かない(自動車・機械)
  • この10年でまともな人しかいなくなった代わりに、変人の面白さはなくなってしまった(化粧品)
  • 事件や事故もないのに、役員への夜討ち取材が多い(建設・建築)
  • 忙しすぎて、懇親会を設定しづらい。終了すると、また会社に戻っていく(運輸)
  • 情報欲しさの心理戦を吹っ掛けられたことがある。頭が下がるような記者もいる一方で ...
あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

報道対応Q&Aの記事一覧

報道対応Q&Aの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する