日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

事業構想を実現する戦略的広報

「愛妻」ムーブメントから学ぶ、世の中を動かすニュースを生む方法

山名清隆(スコップ 代表取締役社長/日本愛妻家協会 事務局長)

群馬県嬬恋村は今、「愛妻家の聖地」として知られている。その仕掛人である、山名清隆氏が自らの広報・PRの経験のもと「世の中を動かすニュース」を生み出すための秘けつを語る。

群馬県嬬恋村で毎年9月に開催されるイベント「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」。「ありがとう~」「愛してるよ~」など、夫が妻に対する思いを大声で叫ぶ。

行政が公園を整備し、何もなかったキャベツ畑が「愛妻の丘」に。近辺の標識も村の職員が考案した。

私は2005年に「日本愛妻家協会」という団体を立ち上げ、群馬県嬬恋(つまごい)村において、「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(通称:キャベチュー)」というイベントを2006年から開催しています。

長年、広報やPRを手がけてきた経験を持ちますが、2000年代半ばには仕事に疑問を抱いていました。記者会見にメディアを招き記事化をお願いする活動はニュースをつくっているのではなく、“お願い”という形で広告活動をしているようなものだと感じたのです。

本当に自分に企画の力があるならば …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想を実現する戦略的広報 の記事一覧

「愛妻」ムーブメントから学ぶ、世の中を動かすニュースを生む方法(この記事です)
デザインと販路で差別化 東京発のビールがヒット商品に
「都民ファースト」は情報公開から 小池百合子都知事が掲げるビジョン
生産者と消費者が対話できる場で地域農産物のファンをつくる
「新たな視聴習慣の創造を」 藤田晋社長が提言するメディアの価値

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する