日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

IRの学校

フェア・ディスクロージャー・ルールとは?

大森慎一(Japan REIT 社長室長)

第3四半期の決算発表を前に、サイレント期間に入った広子たち。新しい知識を習得するために、金融庁が2018年の施行を目指すフェア・ディスクロージャー・ルールについて聞きに来た。

広子東堂:明けましておめでとうございます。

大森:おめでとう、今年もよろしく。

広子:当社も第3四半期決算が締まってサイレント期間に入りました。対外活動が少なくなるので、いろいろ勉強したり、他社のIR担当者と交流を深めたりしています。

    サイレント期間

    クワイエットピリオドやサイレントピリオドとも呼ばれる。決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するために、決算発表日前の一定期間は決算・業績見通しに関するコメントや問い合わせ対応を控えるという企業姿勢。

大森:先輩たちの知恵に触れられるし、交流はいいね。

東堂:その中でフェア・ディスクロージャー・ルール(以下、FDルール)という言葉を聞いたのですが、当社も対応が必要ですよね?

大森:そうだね。

広子:なんだかスチュワードシップ・コードを制定して …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

IRの学校 の記事一覧

フェア・ディスクロージャー・ルールとは?(この記事です)
CSRサイト構築に向けた社内取材の下準備とは?
CSRサイト構築に向けた社内取材では何を聞く?
IRに必要な非財務情報は?
CSRに関するページを作成するとき、IRに必要な非財務情報とは?
期待収益率と資本コストの関係性 IR活動の目指すところとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する