日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

2016年ヒット商品のPR

価格よりも「五感」の体験に訴える 高級家電に見るヒットの法則とは

バルミューダ「BALMUDA The Toaster」

2010年4月に発売した扇風機「GreenFan」のヒットで知られるバルミューダ。2015年6月に発売したオーブントースターでは「体験」をキーワードとし、五感に訴える商品PRによって、累計15万台超を販売している。

累計販売台数15万台超

2003年に設立し、空気清浄機やヒーター、扇風機などの空調家電を展開してきたバルミューダが販売するオーブントースター「BALMUDA The Toaster」が売れ続けている。2万2900円(税別)と通常のオーブントースターの約5倍近い高価格であるにもかかわらず、2015年6月の発売から1年半で累計販売台数15万台超を記録した。

その裏には「体験」を軸にしたPR活動の積み重ねがある。発売時の製品発表会は、第一部を寺尾玄社長による商品説明会、第二部を試食会とし、約150人のメディアが来場した。「スチームテクノロジーによって市販の食パンも外がカリカリ、中はふわふわに焼ける」という機能性の高さを伝えるために、実際に食パンやクロワッサンを焼いて食べてもらうという体験を促したところ、スチーム加熱の技術など従来にない機能性の高さが評価され、初回販売予定の2万台が先行予約で完売。「すぐ手に入らない」というプレミアム感とともに …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2016年ヒット商品のPRの記事一覧

2016年ヒット商品のPRの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する