日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

事業構想を実現する戦略的広報

生産者と消費者が対話できる場で地域農産物のファンをつくる

永島敏行(俳優、青空市場代表)

俳優・永島敏行氏が東京駅近辺で始めたマルシェ「青空市場」。生産者に販売拠点を提供するのみに留まらず、対話によってファンを生み出す場づくりを目指す。

東京駅前の行幸地下通路で開催する、地域の農産物を販売する「丸の内行幸マルシェ×青空市場」。

自らも農業従事者として23年間、米づくりを続けている俳優の永島敏行氏。2011年から、毎週金曜日に東京駅前の行幸地下通路で「丸の内行幸マルシェ×青空市場」を開催している。「地域の農産物を販売するマルシェ(市場)を通して『消費者の顔が見えない』という農家の悩みを解決したい」という考えに基づきスタートしたものだ。

永島氏が代表を務める青空市場の設立は2005年までさかのぼる。以降、2007年には …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想を実現する戦略的広報 の記事一覧

生産者と消費者が対話できる場で地域農産物のファンをつくる(この記事です)
「新たな視聴習慣の創造を」 藤田晋社長が提言するメディアの価値
「ふるさと納税」によって自治体が得た2つの視点とは
訪日外国人に地域の魅力発信 日本語パンフレットを多言語化
市民から全国の高校生まで巻き込む 愛媛県松山市「ことばのちから」プロジェクト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する