日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

天井高12メートルの新オフィス ロケ活用や取材のオファーが増加

ラクスル

ネット印刷サービスをはじめとした、シェアリングエコノミー事業を手がけるラクスル。12メートルもの吹き抜けの天井が印象的なオフィスは、まさに空中庭園だ。事業の成長とともに、ロケ活用や取材のオファーも増えている。

クリエイティビティと心地よさが同居する執務空間

天井高が12メートルもある執務エリア。「空中庭園」というコンセプトを体現するように、本物の木が植えられている。2階からは緑が多く見える。

ラクスルが現在のオフィスに移転したのは、2015年11月。旧オフィスを構えていた虎ノ門のビルが再開発区域に含まれており、事業規模の拡大に伴い人員が増えたことから移転を決めた。

同年春から移転プロジェクトが進められた際、松本恭攝(やすかね)社長が何よりもこだわったのが「天井の高さ」だった。シリコンバレーにある先進的な企業のオフィスをイメージしていたといい、この場所はまさに「即決」だったそうだ。「実はここは元々、オフィスではなく住宅展示場でした。だから天井が12メートルと高いんです」と語るのは広報担当の忽那幸希氏だ。

執務エリアの一部は本物のレンガを用いた壁となっており、重厚な雰囲気を醸し出す

壁にずらりと並べられた社員の名刺のそばには …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

天井高12メートルの新オフィス ロケ活用や取材のオファーが増加(この記事です)
「和」のデザイン空間で世界をおもてなし 13カ国の社員が行き交うオフィス
タクシー会社のイメージを覆す 「IT強化」の経営方針を体現したオフィス
アルペンがデザイナーフロアを刷新 発想力を刺激する共創のオフィス空間
オーディオテクニカのオフィスには「音」を連想させる空間が多数
キユーピーの複数拠点を結ぶマルチフリーオフィスに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する