日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

作家が危機対応をズバッと指南!

ロッテ「お家騒動」を検証 企業イメージ下落、その時広報は?

城島明彦(ジャーナリスト)

広報業界を30年以上見続けてきた作家・ジャーナリストが​時事ニュースの中から特に注目すべき事案をピックアップ。​事件の本質と求められる広報対応について解説する。

2015年から続くロッテのお家騒動は、創業者の​重光武雄氏の出身国である韓国メディアも巻き込​み、さらに報道が過熱している。7月7日には不​正資金疑惑で創業者の長女が逮捕され、同社への​風当たりは一層厳しいものに。

©jipen/123RF

企業イメージ下落、その時広報は?

「お口の恋人」が泣いている。ロッ​テのこのキャッチフレーズは、企業名想起率で「コーヒーギフトはA​GF」「あなたと、コンビに、ファミリ​ーマート」などを抑え、堂々の14年連​続でトップ(日経BPコンサルティング​調べ/2015年10月発表)なのだが、い​かんせん、同社は、ロッテファンや株​主も含めた消費者不在の「お家騒動」​を繰り返している。

​大塚家具問題との共通項

お家騒動といえば、2015年は大塚​家具が有名になったが、そちらが「経​営方針をめぐる父と娘の覇権争い」だ​ったのに対し、こちらは「父親の跡目​をめぐる兄と弟の覇権争い」である。​両者に共通する「危機管理面から見た​デメリット」は、
(1)メディアの好餌と​なるスキャンダル(醜聞)であるとい​うこと、
(2)コーポレートガバナンス​(企業統治)への疑問、
(3)企業イメージ​の下落、
(4)企業価値の毀損(株価への​影響)、
(5)役員秘書・広報担当・IR 担​当泣かせであるということ
などだ。ロ​ッテは加えて、(系列会社間取引での)​裏金疑惑で韓国本社が検察の捜査を受​け、弱り目にたたり目状態にある。

総会密集日を狙う広報戦術

お家騒動では、「定時株主総会」が雌​雄を決する重要な舞台となる。上場企​業の大塚家具もそうだったし、非上場​企業のロッテもそうだ。3月期決算の​東証一部上場企業の株主総会は、6月​に集中している。6月に株主総会を開​催した企業は、JPX日本取引所グルー​プ調べによると1447社(うち7社は3​月31日以外の決算)で …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

作家が危機対応をズバッと指南! の記事一覧

ロッテ「お家騒動」を検証 企業イメージ下落、その時広報は?(この記事です)
セブン&アイHD「カリスマ引退劇」招いた要因とは
三菱自動車の社内広報を検証 不祥事を生み出す社風の問題点に迫る
シャープのM&Aをめぐるスクープ合戦 メディアと広報の攻防を追う
愛知製鋼で爆発事故 緊急時に求められる広報対応とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する