日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

REPORT

TOKYO2020の「組市松紋」、決定から2日後の発表会にさっそく登場

2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムが4月25日に決定した。「組市松紋」のモチーフの由来、そして商標や著作権などを改めて見直しておきたい。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は4月27日、寝具メーカーのエアウィーヴと「オフィシャルパートナー」契約を結んだと発表した。報道陣を集めて都内で開催した調印式には、同社の高岡本州会長と組織委員会の森喜朗会長が登壇した。

紆余曲折を経てこのほど決まった東京五輪のエンブレム …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

エンブレム騒動を教訓に 広報が知っておくべき知財権の知識
TOKYO2020の「組市松紋」、決定から2日後の発表会にさっそく登場(この記事です)
「ネット重視」で読者獲得なるか 朝日新聞がコンテンツ説明会を開催
PRコンサルタント・井上岳久が語る「広報で勝ち抜く企業の共通点」
在京5局の制作者に聞いた 人気番組が求める情報とは?<後編>
在京5局の制作者に聞いた 人気番組が求める情報とは?<前編>
ステマ騒動、起こさないためには?JARO・JIAAがセミナー開催

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する