日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社会に広がるPRの力

つくば国際スポーツアカデミーが誕生「東京五輪の前後で、いかに社会を変えられるか」

つくば国際スポーツアカデミー(TIAS) 塚本拓也さん(海外事業広報戦略ディレクター)

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、政府による国際スポーツ貢献事業「Sport for Tomorrow」。その一環で2015年、「つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)」が始動した。TIASの広報戦略を担っているのが、海外事業広報戦略ディレクター・塚本拓也さんだ。

img01

認知を広げるために短期プログラムを実施。オリンピックのイベントマネジメントや日本の文化・マナーを学ぶ場に。

日本初の国際アカデミー

─「Sport for Tomorrow」のプロジェクトにおいて、TIASはどんな役割を果たしていますか。

TIASは、国際スポーツマネジメント人材を育てるために、文部科学省(現スポーツ庁)が筑波大学に委託し創設した学位プログラム(修士)です。現在は2015年9月に入学した1期生18人が学んでおり、日本人はそのうち4人で、ほか14人がアジアを中心とした11カ国からの留学生。スポーツマネジメントの授業を行う教育機関は日本にもありますが、TIASのように授業をすべて英語で行い、グローバルな環境でスポーツマネジメントを学べる大学院は日本初となります。

政府のプロジェクト「Sport for Tomorrow」には、TIASのほかにも「スポーツを通じた国際協力」「アンチ・ドーピング推進」という2つの活動がありますが、すべての活動が目指すべき目的は「スポーツの価値を多くの人に伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントを広げていくこと」。それを見据えて2014年7月、TIASは国際オリンピック委員会(IOC)が中心となり設立したスポーツマネジメント大学院のAISTS(スイス)と提携しました。この連携は日本での教育の質を高めると同時に、国外へ向けたTIASの広報戦略としても重要でした。

AISTSはIOCが本拠地を置くスイスのローザンヌにあり …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会に広がるPRの力の記事一覧

社会に広がるPRの力の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する