日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社内報のつくり方

広報部員が体当たりレポート 会社の「おもしろさ」を発信する双日のグループ報

双日

インナーコミュニケーションを活性化させ、事業の成長を後押しする役割を担う社内報。今回は双日のグループ報制作の裏側に迫ります。

双日『HORIZON』

総合商社の双日が発行するグループ報『HORIZON』。2015年10月に、広報部 制作課 課長の小林正幸氏が着任し、「社員の心の底の声を伝え、より活き活きとした社内報」を目指して、様々な企画を新しく立ち上げた。

「社内報の役割のひとつに会社のムードづくりがあります。商社は元来、おもしろい人たちの集まり。にもかかわらず自分の実力を過小評価している社員がいることが悔しかったんです。商社パーソンの気質を正確に伝え、社員に自信を与えるお手伝いをしたいと思いました」。

社内報は会社の方針を伝達するツールであるとの思いも強く、経営層の考え方を社員に浸透させようと始めたのが社長への密着取材だ …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報のつくり方 の記事一覧

広報部員が体当たりレポート 会社の「おもしろさ」を発信する双日のグループ報(この記事です)
食品メーカーならではの「食」に関するコーナーが豊富 キッコーマンのグループ報制作の裏側
明電舎グループ報リニューアルの裏側 「社員の行動が変わる」ように制作会社とゴールを共有
編集部全員が編集長に 参天製薬の社内報制作の裏側
現場の生の声を聞きだす工夫が満載 第一三共のグループ報編集部に潜入
海外200拠点も一本化する三菱重工業のグループ報編集部に潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する