日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

〈特別編〉実名で明かす残念な広報対応

高級炊飯器の発表会で珍事!試食会で出てきたのは「冷やごはん」

フリーランス・エディター&ライター 滝田勝紀

記者と広報は、なぜすれ違う?今回は特別編。現役の編集者が実名で語ってくれました。

フリーランス・エディター&ライター
滝田勝紀(たきた・まさき)

フリーランスの編集者で「All About」の家電ガイド。『ゲーテ』『マデュロ』『特選街』「ITメディア」など、ライフスタイル系、モノ系メディアで白物家電系の連載を多数持つ。世界最大の家電見本市「IFA」ほか、海外での取材経験も豊富。現在、電子雑誌『デジモノステーション』ディレクターほか、メーカーの戦略PRやコンサルタント業務もこなす。

日本が世界に誇る家電であり、中国の「爆買い」需要が高いことでも知られる炊飯器。中でも10万円を優に超える高価格帯ながらも、昔ながらのかまどの味を再現したり、日本全国の代表的銘柄それぞれを最高の美味しさで炊き上げる高機能などを搭載。お米の美味しさを極限にまで引き出せることで人気なのが高級炊飯器です。

今回はそんな炊飯器を発売する某家電メーカーが、実際に同社が誇る高級炊飯器の発表会で、まさに“やっちまった”残念すぎる話……というか、ありえない話。

商品価値を決める「第一印象」

炊飯器をメディアに発表する際に、一番大切なことってなんだと思いますか? 機能性の高さ?開発時の苦労話? いいえ、当然 …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

〈特別編〉実名で明かす残念な広報対応 の記事一覧

高級炊飯器の発表会で珍事!試食会で出てきたのは「冷やごはん」(この記事です)
スクープ潰しに動いた某社広報 過信だった「記者との信頼関係」
メディアも思わず絶句した、広報のありえない注文「もっと好意的に書いて」
質疑応答は「大手紙指名」で終了!?ベテラン記者があ然とした広報対応
まるで営業の言いなり…「会社の事情」を振りかざす広報を匿名記者が斬る
「仲良しクラブ」な広報にイラッ 業界誌記者が明かす残念な対応

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する