日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

オフィスイノベーション

95%以上がクリエイターであるバンダイナムコスタジオの新オフィスに潜入

バンダイナムコスタジオ

バンダイナムコスタジオは2015年5月、倉庫会社をリノベーションした現在のオフィスに移転。エントランスではゲーム会社らしい目を引くインテリアで出迎えるが、社内に向けてはクリエイティブな実務にふさわしい設備や空間、そして協調のための工夫があった。

コーポレートカラーをあしらったエントランスで、バンダイナムコエンターテインメントの代表的なゲームキャラクター、大きなパックマンがお出迎え。

主にバンダイナムコエンターテインメントから販売されるネットワークコンテンツや家庭用ゲームソフト、業務用ゲーム機などを開発しているバンダイナムコスタジオは2015年5月、現在の場所に拠点を移した。

移転のプロジェクトメンバーは管理部門の約10人のほか、各部署から部課長クラスの2~3人ずつを加え、計20人ほどで構成。ここで話される内容を各部署のメンバーに共有し、多くの社員の意見を反映させることができたという。

「開発に関わる社員が全体の95%を超えるので、『クリエイターが働きやすい環境』を意識しました」と語るのはコーポレート本部でプロジェクトリーダーを担当した松嶋義人氏。それはデスク幅が1.8メートルもある点、社員の創作活動を応援するスペースを設置した点などにも反映されている。

ゲームの開発会社だけに …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

95%以上がクリエイターであるバンダイナムコスタジオの新オフィスに潜入(この記事です)
2フロアをつなぐ滑り台が エイチームの遊び心にあふれるオフィスに潜入
トリップアドバイザーの新オフィスに潜入!グローバルな機能のなかに主張する『日本らしさ』
研究開発型の企業であるための工夫が散りばめられた池田模範堂「MUHI SKIN RESERCH CENTER」に潜入!
クリエイティブを生み出すことを考えた、プレナスのブレインセンターに潜入

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する