日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ウェブメディアで話題!キーパーソンに会いに行く

「灯台もと暮らし」「隠居系男子」の鳥井弘文さんに聞いた、「どうして毎日たくさんの記事を発信し続けられるのですか?」

砂流恵介

広報との関わりも深い、ウェブメディアのキーパーソンたち。今回は「灯台もと暮らし」と「隠居系男子」を運営する鳥井弘文さんが登場します。(取材・文/砂流恵介)

5人目のキーパーソン

“型を決めて記事を書こう!”

「灯台もと暮らし」「隠居系男子」鳥井弘文さん

地域に密着したウェブメディア「灯台もと暮らし」やオウンドメディアを運営し、個人でもブログ「隠居系男子」を更新している鳥井さん。「隠居系男子」は半年で月間25万PVを達成し、毎日の更新を楽しみにしているファンも多い人気ブログです。ブロガーとしても活動しているキーパーソンに、読まれる記事を発信するための秘訣などを教えてもらいました。

ブログは社員に向けての発信

─鳥井さんは今、地方創生に注目されているとのこと。

2014年の9月にWaseiという会社を設立して、「灯台もと暮らし」というウェブメディアを運営しています。これからの暮らしを考えるメディアで、地方創生の流れで注目されている地域などを取り上げた記事を月に15本〜20本くらい紹介しています。最近だと島根県海士町(あまちょう)にUターンした方がつくった宿の記事がヒットしました。

社員に自分の考えを知ってもらえたらいいなと思って「隠居系男子」というブログも平日は毎日書いています。一般向けのブログではないですが、会社の今後の方向性や僕が興味あるものを知ってもらうことで仕事につながることもあるので、オープンな形式にしています。

型を決めて毎日続ける

─オウンドメディアや広報ブログは …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ウェブメディアで話題!キーパーソンに会いに行く の記事一覧

「灯台もと暮らし」「隠居系男子」の鳥井弘文さんに聞いた、「どうして毎日たくさんの記事を発信し続けられるのですか?」(この記事です)
「LINE HR Blog」「941::blog」櫛井優介さんに聞いた、「どうしたら細かい部分にも気が付くのですか?」
「ジモコロ」編集長の徳谷柿次郎さんに聞いた、「『はてブ」を狙うならば議論が生まれやすい構造にしよう!」
「ねとらぼ」編集記者の太田智美さんに聞く、理想の広報の形とは?
「記者の先に読者はいます!」編集者・ブロガーのnarumiさんが常々思うこと

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する