日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR

メルカリ山田社長に聞く 「CtoCだからこそ信頼度高いブランドを」

メルカリ

顧客や知名度の獲得、他社との連携、社員数の増加と社内コミュニケーション……。起業から間もないベンチャーの経営には、様々な壁が待ち受けているもの。その課題解決の一助となり、成長に貢献してきた広報活動のモデルケースを紹介する。

乱戦のフリマ業界で首位に

スマートフォンで商品を撮影して手軽に出品できる「フリマアプリ」の開発・運営を手がけるメルカリ。2015年10月には国内2000万ダウンロードを突破。楽天やスタートトゥデイなど、大手からベンチャーまで多くの企業がフリマサービスに参入する乱立状態の中、ユーザー数では首位をキープしている。

2013年7月にサービスをローンチして以降、右肩上がりでユーザー数を増やしているが、つい最近まで専任の広報はおらず、2013年12月に同社に参画した元ミクシィCFOの小泉文明氏や、コーポレートプランニンググループの山下真智子氏が担当していた。今年1月から新たに中澤理香氏が初の専任広報として着任。メディア対応やプレスリリースの作成などの広報業務を手がけている。

「当社への取材依頼をいただく媒体は、内容によってまったく異なります。まず純粋にサービスを紹介したいというメディアは、主婦層や若い女性向けの雑誌が多い印象です。特に年末の時期は『年末の大掃除に合わせた賢い整理術』のような切り口でご紹介いただくことも少なくありませんでした。一方で、代表の山田個人に対するインタビューはビジネス紙(誌)はもちろんのこと、特にIT系のニュース媒体からの依頼が非常に多いですね」と、山下氏は振り返る。

個人間取引(CtoC)のサービスを提供しているだけに最も気を配っているのが …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR の記事一覧

みずほ銀行、ゴールドマンサックスの元幹部が副社長に就任した 創業4年のベンチャーとは
ラクスルのテレビCM活用「広告はツール、小さく初めて効果次第で継続」
メルカリ山田社長に聞く 「CtoCだからこそ信頼度高いブランドを」(この記事です)
「未来志向でチャレンジしているか」日テレ『SENSORS』プロデューサーに聞く
TBS『夢の扉+』プロデューサーが明かす 制作スタッフに刺さるプレゼン術
これで他社と差別化!ベンチャーは「逆張り」PRせよ
専門家に聞く 資金調達を左右する「発信力」とは?
日本初の合法「民泊」、どうPRする?業界先駆者の挑戦
「ファンとムーブメントを創る」freeeのクラウド会計がシェア1位を獲得した理由
テレビCMで女性利用者増 マネーフォワード辻社長「広報と広告は両輪」
認知度ゼロから「民意形成」 上場も後押しした医療系ベンチャー広報
300以上のメディアに掲載 「お坊さん便」話題化の裏側
年1800人のステークホルダーと交流する ITベンチャーの成長を後押しする広報
テレビCMで受注件数2倍 Sansan流「強気のPR戦略」とは
創業からメガベンチャーへ 広報はどう変わる?サイバーエージェント広報&社長に直撃
エイチ・アイ・エス澤田会長が語る 「今私が組みたいベンチャー企業」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する