日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR

専門家に聞く 資金調達を左右する「発信力」とは?

日本総合研究所 野村敦子

アベノミクスの影響もあり、2013年以降増加傾向にあるベンチャーファイナンス。大手企業が投資するベンチャーキャピタルも出てきている一方、資金調達を実現できるのは一部の企業に限られるとの傾向も見られる。

「広報は後回し」はもったいない

「ベンチャーキャピタル(VC)の方にお話を伺うと、ベンチャー企業の場合は創業者が経営から研究開発、マーケティング、営業まですべて担うというケースが多く、非常に負担が大きくなってしまう。そのため広報活動は後回しにされがちな面もあります」と話すのは、日本総合研究所の野村敦子氏(主任研究員)だ。

大企業であっても広報は短期的な利益を生まない「コストセンター」とみなされるケースが多いが、創業間もないベンチャーではなおさら「プロフィットセンター」としての営業や商品開発などの機能に注力しがちだ。野村氏は「だからこそベンチャーの経営者は創成期から社内に発信力も備えた経営チームづくりを念頭に置くことが重要」とも指摘する。今回の特集でも各社に専任広報を設置した時期について聞いているが、中には創業間もなく広報機能を持つ企業も出てきたことが分かる。

「優秀なチームだけでなくもちろん企業トップ自身が …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR の記事一覧

みずほ銀行、ゴールドマンサックスの元幹部が副社長に就任した 創業4年のベンチャーとは
ラクスルのテレビCM活用「広告はツール、小さく初めて効果次第で継続」
メルカリ山田社長に聞く 「CtoCだからこそ信頼度高いブランドを」
「未来志向でチャレンジしているか」日テレ『SENSORS』プロデューサーに聞く
TBS『夢の扉+』プロデューサーが明かす 制作スタッフに刺さるプレゼン術
これで他社と差別化!ベンチャーは「逆張り」PRせよ
専門家に聞く 資金調達を左右する「発信力」とは?(この記事です)
日本初の合法「民泊」、どうPRする?業界先駆者の挑戦
「ファンとムーブメントを創る」freeeのクラウド会計がシェア1位を獲得した理由
テレビCMで女性利用者増 マネーフォワード辻社長「広報と広告は両輪」
認知度ゼロから「民意形成」 上場も後押しした医療系ベンチャー広報
300以上のメディアに掲載 「お坊さん便」話題化の裏側
年1800人のステークホルダーと交流する ITベンチャーの成長を後押しする広報
テレビCMで受注件数2倍 Sansan流「強気のPR戦略」とは
創業からメガベンチャーへ 広報はどう変わる?サイバーエージェント広報&社長に直撃
エイチ・アイ・エス澤田会長が語る 「今私が組みたいベンチャー企業」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する