日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR

「ファンとムーブメントを創る」freeeのクラウド会計がシェア1位を獲得した理由

freee

顧客や知名度の獲得、他社との連携、社員数の増加と社内コミュニケーション……。起業から間もないベンチャーの経営には、様々な壁が待ち受けているもの。その課題解決の一助となり、成長に貢献してきた広報活動のモデルケースを紹介する。

10億円の資金調達で注目

スモールビジネス向けのクラウド会計サービスを提供するfreee。2015年、SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントが設立したフィンテック分野に特化したファンドから、第一号の資金調達となる10億円を獲得したことでも話題に。クラウド会計サービスではトップシェア、投資家の熱視線を集めるフィンテック市場のけん引役として成長を続けているベンチャーだ。

一方、今でこそ盛り上がりをみせるフィンテックだが、freeeが創業した2012年当時は会計にITを活用するという考えは一般的ではなく、むしろ機密性の高い情報をクラウドに預けることに不安を感じる人も少なくなかった時期でもある。新たな分野を開拓した企業として、freeeはどのように社会的な地位を確立し、ユーザーの支持を獲得していったのだろうか。

Twitterから口コミで話題に

「創業時はまだサービスも完成していませんでしたから、PRはおろか、起業家同士のミートアップイベントにも参加せず、ひたすら見込み顧客へのヒアリングと開発に取り組んでいました」と、freee 代表取締役の佐々木大輔氏は振り返る。

それでも「freeeが目指し、つくりだそうとしている方向性は、間違いなく世の中に求められている」と佐々木氏は確信していたという。2012年11月にベータテスト版をリリースした際、freeeには特定の熱狂的な“ファン”の存在があった。

「中小企業や個人事業主の会計手段について、以前からその煩雑な作業に疑問を抱いていた人は少なからずいたはず。ところが『会計とはそんなもの』と諦め、不満を漏らす人は多くなかったように思います。freeeは、スモールビジネスに携わるすべての人を、そうしたムダから解放し、創造的な活動にフォーカスできるようにしたいと誕生したサービスです。freeeのファンになってくださった方々がそうした私たちのフィロソフィーに賛同してくれ、ムーブメントができていったという感覚があります」。

その証拠に少しずつではあったが …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR の記事一覧

みずほ銀行、ゴールドマンサックスの元幹部が副社長に就任した 創業4年のベンチャーとは
ラクスルのテレビCM活用「広告はツール、小さく初めて効果次第で継続」
メルカリ山田社長に聞く 「CtoCだからこそ信頼度高いブランドを」
「未来志向でチャレンジしているか」日テレ『SENSORS』プロデューサーに聞く
TBS『夢の扉+』プロデューサーが明かす 制作スタッフに刺さるプレゼン術
これで他社と差別化!ベンチャーは「逆張り」PRせよ
専門家に聞く 資金調達を左右する「発信力」とは?
日本初の合法「民泊」、どうPRする?業界先駆者の挑戦
「ファンとムーブメントを創る」freeeのクラウド会計がシェア1位を獲得した理由(この記事です)
テレビCMで女性利用者増 マネーフォワード辻社長「広報と広告は両輪」
認知度ゼロから「民意形成」 上場も後押しした医療系ベンチャー広報
300以上のメディアに掲載 「お坊さん便」話題化の裏側
年1800人のステークホルダーと交流する ITベンチャーの成長を後押しする広報
テレビCMで受注件数2倍 Sansan流「強気のPR戦略」とは
創業からメガベンチャーへ 広報はどう変わる?サイバーエージェント広報&社長に直撃
エイチ・アイ・エス澤田会長が語る 「今私が組みたいベンチャー企業」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する