日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR

創業からメガベンチャーへ 広報はどう変わる?サイバーエージェント広報&社長に直撃

上村嗣美(サイバーエージェント)

創業期から広報担当として藤田晋社長を支えてきた広報責任者の上村嗣美氏。企業の成長にともない、広報のゴール設定はいかに変わってきたのだろうか。

img01

アメーバに自身のブログを持つ芸能人、著名人を招いた「Ameba Thanks Party」。向かって藤田晋社長の右隣が上村さん。

当初は社長のイメージが先行

サイバーエージェントの広報は2002年、私ひとりでスタートしました。やがて事業が拡張していくのに伴い、広報はコーポレート広報とマーケティング広報に分けられ、2009年から各事業部に紐づいた広報担当者を置くようになります。アメーバをはじめ、ゲームや動画サービスなどのBtoCサービスの広報、広告事業部門の広報、アドテクノロジー事業の広報、新規事業のスタートアップ専門の広報……といったように事業の数だけ細分化されていったんです。その分、情報の統制や共有をしにくい状況が生まれていました。

そこで2015年11月に新設したのが「全社広報室」という部署。今は全社広報室が定期的にミーティングを開き、各事業部に紐づいた広報担当者が連携することで、会社としての広報活動の整合性を図ろうとしています。

私が入社した1999年当時は、ITバブルで世の中が浮き足立っていましたね。当社は上場目前とあって、「史上最年少社長の誕生か」と多くのメディアから注目を浴びていました。当時は事業よりも社長の藤田への取材の方が多く、取材件数がピークだった2005年は年間100件近くもの取材が舞い込みました。

今考えれば、何度もトップ取材に同席することで、経営者としての藤田の考え方が私の中に蓄積されたという経験は大きかったと思います。今は広報に関して藤田とわざわざ会議をすることはめったになく、迷ったときに藤田の考え方とズレがないか口頭で確認する程度ですが、それも当時多数の取材に同席した経験があってこそ。取材の場の積み重ねが、藤田の考えを理解する上で糧となっているように思います。

一貫した発信で信頼を得る

2000年に上場を果たした直後には、ネットバブルの崩壊によって、当社への取材が急激に減少するという時期も経験しました。さらに、サイバーエージェントは当時、高収益な事業体の実現のためメディア事業への先行投資を進めていたため赤字が続き、ネガティブな報道やバッシングが一気に増えた時期とも重なります。

厳しい状況の時に広報に求められる役割は、一貫したメッセージを伝え続けることです。私たちが特に注力したのは、事業の将来性をしっかりと伝えること。藤田はメディア事業立ち上げへの強い信念を持っており、先行投資でいろいろなメディアを立ち上げていました。プレスリリースでは、新たな事業を中心に、企業としてのビジョンや、会社の成長性を感じさせるストーリーを伝え続けました。

実現していない、しかも当時は赤字であった事業が成功していく見通しをメディアや社会に理解してもらうのは、かなり難しいことです。だからこそ丁寧に、真摯に伝えていくことこそが、一貫したメッセージを伝え続けるということだと思っています。業績が上がり ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ベンチャー乱立時代 一歩抜きん出るためのPR の記事一覧

みずほ銀行、ゴールドマンサックスの元幹部が副社長に就任した 創業4年のベンチャーとは
ラクスルのテレビCM活用「広告はツール、小さく初めて効果次第で継続」
メルカリ山田社長に聞く 「CtoCだからこそ信頼度高いブランドを」
「未来志向でチャレンジしているか」日テレ『SENSORS』プロデューサーに聞く
TBS『夢の扉+』プロデューサーが明かす 制作スタッフに刺さるプレゼン術
これで他社と差別化!ベンチャーは「逆張り」PRせよ
専門家に聞く 資金調達を左右する「発信力」とは?
日本初の合法「民泊」、どうPRする?業界先駆者の挑戦
「ファンとムーブメントを創る」freeeのクラウド会計がシェア1位を獲得した理由
テレビCMで女性利用者増 マネーフォワード辻社長「広報と広告は両輪」
認知度ゼロから「民意形成」 上場も後押しした医療系ベンチャー広報
300以上のメディアに掲載 「お坊さん便」話題化の裏側
年1800人のステークホルダーと交流する ITベンチャーの成長を後押しする広報
テレビCMで受注件数2倍 Sansan流「強気のPR戦略」とは
創業からメガベンチャーへ 広報はどう変わる?サイバーエージェント広報&社長に直撃(この記事です)
エイチ・アイ・エス澤田会長が語る 「今私が組みたいベンチャー企業」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する