日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PR施設のメディアパワー

リプトンの上級ブランドを体感!銀座にオープンしたティーハウスに潜入

サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ

オープンやリニューアルが相次ぐ企業ミュージアムやショウルーム。そのメディアパワーを検証します。

img01

館内の展示ではサー・トーマス・リプトンのビジネス哲学なども感じられる。

    ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング
    「サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ」

    2015年9月、東京・銀座にある紅茶教室をリニューアルしてオープン。ブランド創始者であるサー・トーマス・リプトンの名を冠し新たなブランド訴求を図る。世界の紅茶やリプトンの歴史を紹介する体験型展示スペースを新設し、併設のティーショップでは限定の茶葉も提供。紅茶の本当のおいしさを味わってもらえるように各種教室も連日開催する。

ターゲットは30~40代男性

サー・トーマス・リプトンは、現代日本で言えば、ユニクロのような革新的業態を確立した存在だったのだと、この展示を見て初めて知った。19世紀後半、限られた階級のものだった紅茶を、皆が楽しめるようにと自ら茶園を経営し、ブレンダーを自社で雇い入れ、上質な紅茶を多くの人々に届けた。「かつてリプトンは伝統的な紅茶というイメージのみでしたが …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PR施設のメディアパワー の記事一覧

リプトンの上級ブランドを体感!銀座にオープンしたティーハウスに潜入(この記事です)
味の素瓶の封入が楽しい!川崎の「うま味」体験施設に潜入
BtoB企業のPR施設活用法 ボッシュ日本法人が本社にカフェ 
リコーが神奈川県海老名市に商業施設をオープン、なぜ「まちづくり」に参画したのか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する