日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

広報界の才媛

「働く人に密着する広報」がモットー オンデーズの才媛

オンデーズ

オンデーズ PRマネージャー 兼 事業開発担当 町田吉瞳(まちだ・よしみ)
2012年入社。芸能マネジメント事務所、ジュエリーの代理店を経て、現職。リリースの作成から取材対応といった社外広報、インナーコミュニケーション、さらには採用活動や事業開発まで担当。

ここ数年で一気に低価格化が進んだ商材のひとつであるメガネ。群雄割拠の様相を呈する市場では、いかにして競合と差別化し、存在感を示すことができるかが躍進のカギとなっている。そんななか、国内110店舗に加え積極的な海外への店舗進出とコラボレート商品の展開を進めているのが、オンデーズだ。

同社の広報を一人で担うのは、入社4年目という町田吉瞳さん。芸能マネジメント事務所やジュエリーの代理店を経て、代表の田中修治氏との縁もあり、オンデーズに参画。広報部署そのものの立ち上げに携わった。

町田さんの仕事は、プレスリリース配信から取材対応、公式サイトの原稿作成のほか、採用活動など人事業務も担う。元々営業畑出身ということもあり、現在は事業開発まで手がけるなど広報の領域を超えて社内のポジションを確立してきた町田さんだが、入社当時の社内では広報の必要性を疑問視する声もあったという。

「特にインナーコミュニケーションの活性化は大変でしたね。浸透するまでに何度も挫折しそうになりましたが、この業態は役員や本社勤務の社員と各店舗スタッフとの距離がどうしても遠くなってしまいがち。そこで、『働く人に密着する広報』をモットーに、店頭スタッフのインタビューなどを社内のSNSに投稿。世界中で活躍するスタッフを一体化させたいという思いで、更新を続けました」。

今では社内SNS上で海外の現地スタッフからのコメントやスタンプなどが積極的に飛び交い …

あと43%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報界の才媛 の記事一覧

「働く人に密着する広報」がモットー オンデーズの才媛(この記事です)
広報発で「英語体験」の場を提供したい GABAの才媛
人の心をつかむ広報へ 京王電鉄の才媛
ビジネスの価値を伝えたい タウの才媛
広報と社長秘書を兼務するフリークアウトの才媛
挙式のきっかけをつくりたい テイクアンドギヴ・ニーズの才媛

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する