日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

匿名記者が明かす残念な広報対応

取材中ダンマリな広報が豹変?匿名記者が語る残念広報

記者と広報は、なぜすれ違う?第一線で活躍するメディアの記者に本音で語ってもらいました。

業界紙 記者 Hさん(女性)

業界紙を渡り歩いたベテラン記者。専門知識と経験を武器に、軽いネタから重厚な話題までなんでもござれ。驚くべきスピードで記事を紡ぎだす。一方で、趣味はお菓子づくりという、乙女な一面も。

イラスト:©dedmazay/123RF.COM

業界紙記者を毛嫌いする取材先

「これだから業界紙の記者たちは!まったく、程度を疑うよ‼」

小さなミーティングルームで、取材対象のある医師はいきなり廊下に響き渡るほどの大声を上げた。この時の取材時間は40分。そのうち記者に罵声を浴びせ続けた時間は20分ほどに上る。このような目に遭ったのは、業界新聞社の記者として取材活動をはじめて間もないころの、この私だ。

取材当初から無愛想だったこの医師は、一つ目の質問を投げかけるやいなや、まるで我慢ならぬといった剣幕で記者に怒鳴り散らした。医師の逆鱗に触れたのは、第一声、記者のありきたりな質問によるものだったと理解している。

「何度説明しても話が通じない、だから、業界紙は駄目なんだよ!」。ちなみに私がこの医師を取材するのは初めて。おかげで業界新聞がどのように周囲に思われているかを思い知ることができた。

業界紙の取材をあまり好ましく思わない人は多いが、ここまではっきりと言う人は珍しい。あまりにはっきり言ってくれたのでありがたいと思ったほどだ。あまりの大声に仰天してメモを取るのを忘れたが、今になって「ああ、あの時の音声を記録しておけばよかった」としみじみ思い出す。

その後の罵声の内容は、「業界新聞の記事レベルがいかに低いか」にシフトし …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

匿名記者が明かす残念な広報対応 の記事一覧

取材中ダンマリな広報が豹変?匿名記者が語る残念広報(この記事です)
「囲み取材から社長が逃げた…」傾斜マンション問題の広報を記者が告発
取材依頼しただけで「法的手段に訴える」と通知が・・・。 広報の品格は取材の断り方に表れる。
広報の日経へのリーク、記者はどう思っている?大手メディア記者が本音を激白
不祥事対応に現れたのは新人広報!? 記者が本音を語る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する