日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

2016年版「危機管理広報」マニュアル

「死んで生まれ変わる覚悟で」、再起かける大塚久美子社長

大塚家具 大塚久美子社長

2015年、創業者である大塚勝久氏との経営権をめぐる「お家騒動」が話題となった大塚久美子社長。騒動から半年、再起をかけて新たな歩みを進めている。

過去と決別し再スタート

「古い大塚家具の終わり、真に新しい大塚家具のはじまりです」─。11月4日、強いまなざしで報道陣を見つめながら、新たな大塚家具のビジョンについて語る大塚久美子社長。この日は、これまで高級路線だった商品構成を一新するため、11月7日から全16店で展示する約34万点の商品を対象とした「売りつくしセール」をスタートさせると発表した。セールのキャッチフレーズも「生まれ変わるための」という強い言葉を用い、父・大塚勝久 前会長が築いた高級路線からの脱却、決別を強調した。

2015年3月、巻き起こった大塚勝久氏との経営権をめぐる「お家騒動」に、週刊誌やニュース番組など多くのメディアが注目した。どうしてもこの「生まれ変わり」というフレーズを聞くと、勝久氏からの決別を想像してしまうが、大塚社長は「あくまで店舗のこと」と前置きした上で、この言葉への強い思いを明かした。

「これまで『新生・大塚家具』と言って営業してきましたが …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2016年版「危機管理広報」マニュアル の記事一覧

トップ会見のセオリー逸脱 トヨタのCCO逮捕事件の広報
炎上対策・事後対策における「検索結果最適化」のステップ
メディアが報じたい不祥事と広報の認識にはギャップがある
広報が気を付けるべき、ウェブリスクの3つの落とし穴とは?
大学の「記者会見トレーニング」体験記 大学にも必要な危機管理対策とは?
増えるグローバルリスク 日本企業は「謝りすぎ」か?
遅すぎた社長謝罪の影響は?タカタエアバッグ異常破裂問題
「公表スタンス」への迷いも 東洋ゴム免震ゴム偽装の広報対応
「死んで生まれ変わる覚悟で」、再起かける大塚久美子社長(この記事です)
トップは動画で謝罪…クリーンなイメージ一転したVWの広報対応
パブリシティ効果は絶大?大塚家具お家騒動の広報を検証
「隠ぺい体質」と批判された、東芝広報の失敗とは?
ネット時代のリスク回避できず エンブレム問題の広報を検証
マクドナルドはどこで間違ったのか?謝罪対応を専門家が分析
会見せざるが勝ち?杭打ちデータ改ざん問題の広報を分析

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する