日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

2016年版「危機管理広報」マニュアル

トップは動画で謝罪…クリーンなイメージ一転したVWの広報対応

フォルクスワーゲン排ガス不正問題

なぜ、あの企業は社会の批判を浴びたのか――。大手、BtoB、外資系など2015年に発生した様々な不祥事について、広報、危機管理など9人の専門家に解説してもらった。

9月20日 
ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが不正なソフトを導入し、大気浄化規制に関する試験をクリアしていたと発表。クリーンなイメージが強かっただけに、業界や消費者に大きな衝撃を与えた。

※分析にご協力いただいた専門家:ACEコンサルティング・白井邦芳氏、郷原信郎弁護士、フライシュマン・ヒラード・ジャパン代表・田中愼一氏、アズソリューションズ代表・佐々木政幸氏、弁護士ドットコムニュース編集長・亀松太郎氏、エイレックス代表取締役社長・江良俊郎氏、ジャーナリスト・城島明彦氏、日本アンガーマネジメント協会代表理事・安藤俊介氏、弁護士・浅見隆行氏

img08

弁護士 浅見氏はこう見る 
逃げの印象与えたCEO辞任

危機管理広報に関する書籍も執筆
弁護士
浅見隆行氏

2015年9月18日にアメリカ環境保護局が排ガス試験での不正を発表したにもかかわらず、当時の社長が謝罪の意思を発表したのは9月20日と2日を要し、またCEOによるメッセージは公式ウェブサイトの謝罪文や動画を通じて発信されたこともあり、「逃げ」の印象を与え、信頼回復に向けて致命的だった。また、9月23日の辞任にあたりその理由を「私自身が過ちを犯したのではないが、会社の利益のために(辞任を)決断した」と説明したことは、潔さを与えない。

一方で …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2016年版「危機管理広報」マニュアル の記事一覧

トップ会見のセオリー逸脱 トヨタのCCO逮捕事件の広報
炎上対策・事後対策における「検索結果最適化」のステップ
メディアが報じたい不祥事と広報の認識にはギャップがある
広報が気を付けるべき、ウェブリスクの3つの落とし穴とは?
大学の「記者会見トレーニング」体験記 大学にも必要な危機管理対策とは?
増えるグローバルリスク 日本企業は「謝りすぎ」か?
遅すぎた社長謝罪の影響は?タカタエアバッグ異常破裂問題
「公表スタンス」への迷いも 東洋ゴム免震ゴム偽装の広報対応
「死んで生まれ変わる覚悟で」、再起かける大塚久美子社長
トップは動画で謝罪…クリーンなイメージ一転したVWの広報対応(この記事です)
パブリシティ効果は絶大?大塚家具お家騒動の広報を検証
「隠ぺい体質」と批判された、東芝広報の失敗とは?
ネット時代のリスク回避できず エンブレム問題の広報を検証
マクドナルドはどこで間違ったのか?謝罪対応を専門家が分析
会見せざるが勝ち?杭打ちデータ改ざん問題の広報を分析

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する