日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

自社メディア 強化計画

6カ国対応のキャラクター動画を制作 工具を世界に売り込むPR

エンジニア

つぶれたねじをはずすことができる独自技術を開発した大阪の工具メーカー「エンジニア」。ヒットの裏には、キャラクターや動画を用いたユニークな施策がある。

エンジニア

「ウルスの大冒険」
http://www.engineer.jp/urusu/

動画は韓国語やドイツ語、フランス語など
6カ国語に対応している。

基本情報
開設時期 1996年
更新体制 ホームページは社員2人が担当。更新作業は外部の制作会社とも連携して進めている。オリジナルキャラクター「ウルスくん」を用いたPR動画や、社長自らが独自の経営理論や商品開発ストーリーなどについて語るブログも。

頭のつぶれた小ねじを簡単にはずせる工具「ネジザウルスGT」をヒットさせた工具メーカー「エンジニア」(大阪市)。ヒットの裏には商品の開発力や高い技術力があるのはもちろんだが、動画や漫画を用いたユニークなアイデアが奏功している。

きっかけは2009年、幕張メッセで開催された展示会にネジザウルスGTを出展したときのこと。何とか集客しようと、たまたま隣の会場で大恐竜博覧会が開催されることを知り、ティラノサウルスの小型ロボットをレンタルし、ねじをくわえさせてブースに置いてみた。するとそのインパクトに多くのバイヤーが目を留め、商談のきっかけになったという。

「この時初めてプロモーションアイデアの重要性に気づいた」という高崎充弘社長。商品をイメージしやすくなるようなキャラクターづくりに着手した。2010年、完成したキャラクター「ウルスくん」を用いたPR動画を内製。商品の使い方や開発の裏話をコミカルなタッチで伝えた動画は実に20本、同社のYouTubeチャンネルですべて公開しており …

あと43%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

自社メディア 強化計画 の記事一覧

文房具から家具、ビジネスノウハウまで 社内に潜むコンテンツを配信
6カ国対応のキャラクター動画を制作 工具を世界に売り込むPR(この記事です)
専門家が解説!自社メディア強化の6つのポイント
企業ショウルームの新設、リニューアルはなぜ増えた?日清食品、キユーピー、UCCなど10社のPR施設に潜入
リボルバー・小川浩氏が指南 自社メディアの効果測定とは
1日30本記事更新 金融系ベンチャーの挑戦
EC流入やイベント集客も実現!酒屋発のニュースサイト
日本酒好きが集い語らう場に デジタル×リアルでファンと交流
広報部門発、ファンの共感呼ぶサイトに ANAの挑戦
ドラマ化されるコンテンツも登場!ぐるなび「みんなのごはん」
「生き方をメディア化する」サイボウズ・青野社長の全方位型PR戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する