日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

自社メディア 強化計画

リボルバー・小川浩氏が指南 自社メディアの効果測定とは

リボルバー ファウンダー兼CEO 小川 浩

「成果が見えづらい」─。自社でメディアを運営する担当者にとって共通の悩みだ。継続的な運用による成果を上げるために、どのような指標とゴールを設定すべきか。オウンドメディアマーケティングなどを手掛ける小川浩氏が解説する。

モバイルを前提としているか

オウンドメディアは、簡単に言えば、現代におけるメールマガジンの代替的手段と思えばよい。モバイル×ソーシャル時代にあって、メールはもはやマーケティングの手段としては機能しなくなっている。

いまや若者はメールを使わず、LINEに代表されるメッセージアプリによってコミュニケーションをとっているし、ニュースコンテツの消費はSNSのタイムライン上で行うようになっている。しかもそれは、若年層だけでなく、中高年においても同様の傾向が見られている。

同時に、これまでウェブ上のトラフィックを集めるための代表的な手段であったSEO/SEMも、現在では昔ほど機能しなくなっている。なぜならモバイルユーザーは、あまりブラウザを使わないからであり、結果としてウェブ上の情報を検索するということが非常に少ないからだ。

現代のデジタルマーケティングにおいては、メールによるプッシュ型は時代遅れであり、消費者に喜ばれるコンテンツを制作し、モバイルで消費してもらい、ソーシャルでシェアしてもらうことで拡散されて、また新しいトラフィックを生む。これが基本だ。

オウンドメディアとは、コンテンツを制作する場であり、蓄積するコンテナである。消費自体はSNS上でしてもらえればそれでいい。

つまり、コンテンツマーケティングを活用していくうえで …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

自社メディア 強化計画 の記事一覧

文房具から家具、ビジネスノウハウまで 社内に潜むコンテンツを配信
6カ国対応のキャラクター動画を制作 工具を世界に売り込むPR
専門家が解説!自社メディア強化の6つのポイント
企業ショウルームの新設、リニューアルはなぜ増えた?日清食品、キユーピー、UCCなど10社のPR施設に潜入
リボルバー・小川浩氏が指南 自社メディアの効果測定とは(この記事です)
1日30本記事更新 金融系ベンチャーの挑戦
EC流入やイベント集客も実現!酒屋発のニュースサイト
日本酒好きが集い語らう場に デジタル×リアルでファンと交流
広報部門発、ファンの共感呼ぶサイトに ANAの挑戦
ドラマ化されるコンテンツも登場!ぐるなび「みんなのごはん」
「生き方をメディア化する」サイボウズ・青野社長の全方位型PR戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する