日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

自社メディア 強化計画

広報部門発、ファンの共感呼ぶサイトに ANAの挑戦

ANA

ANAでは7月、サービスやCSR活動、イベントなど様々な話題をコンテンツ化し発信するサイト「What's up ANA」を広報主導で立ち上げた。開設の背景には、コーポレートメッセージを伝え、ブランド価値を高めたいという狙いがある。

ANAホールディングス

「What's up? ANA」
http://www.ana.co.jp/ana_news/

システム構築は外部に委託して、運用は担当者を中心に、外部ライターも含めて行っている。

コンテンツは「サービス」「CSR」「イベント」などのジャンルに分けられている。

基本情報
開設時期 2015年7月
管轄する部署 コーポレートコミュニケーション室グループ広報部
コーポレートコミュニケーション推進チーム
更新体制 グループ広報部のうち、「What’s up? ANA」の運用担当は1人。同部はプレスリリースを扱っていることもあり、情報はANAグループ内の各部署から集まる。掲載する内容は現在、その中からグループ広報部で話し合って決めている。

統一したメッセージを発信

国内線では日本最大の路線網をもつ全日本空輸(ANA)。同社ではこれまで航空券の予約サイト「ANA SKYWEB」に加え、Facebook、Twitter、LINEなど、多様なSNSを利用して自社の情報を発信してきたほか、マスメディアを通じた発信も展開。すでに確固たるブランドを築いているといえるANAが、なぜ広報部門の主導で新たなオウンドメディアを立ち上げ、発信を強化ようと考えたのか─。

今年4月、同社では広報をはじめ、や広告宣伝やウェブ、社内広報などを担う部署の横串機能としてコーポレートコミュニケーション推進チームを新設。その後、7月に立ち上げたサイトが「What's up? ANA」だ。主管部署であるコーポレートコミュニケーション室グループ広報部の副部長、高柳直明氏は「コーポレートコミュニケーション推進チームの発足の背景には …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

自社メディア 強化計画 の記事一覧

文房具から家具、ビジネスノウハウまで 社内に潜むコンテンツを配信
6カ国対応のキャラクター動画を制作 工具を世界に売り込むPR
専門家が解説!自社メディア強化の6つのポイント
企業ショウルームの新設、リニューアルはなぜ増えた?日清食品、キユーピー、UCCなど10社のPR施設に潜入
リボルバー・小川浩氏が指南 自社メディアの効果測定とは
1日30本記事更新 金融系ベンチャーの挑戦
EC流入やイベント集客も実現!酒屋発のニュースサイト
日本酒好きが集い語らう場に デジタル×リアルでファンと交流
広報部門発、ファンの共感呼ぶサイトに ANAの挑戦(この記事です)
ドラマ化されるコンテンツも登場!ぐるなび「みんなのごはん」
「生き方をメディア化する」サイボウズ・青野社長の全方位型PR戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する