日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

イントラネットの導入と活用

スマイルズ、スマホで読めるウェブマガジン式の社内報を導入 社外にも公開へ

スマイルズ

全国に店舗や生産拠点を持つ企業にとって、社内広報は本部と現場をつなぐ役割を果たす。スープ専門店「Soup Stock Tokyo」を70店以上展開するスマイルズも同様で、外部への公開も視野に入れたウェブマガジン形式の社内報を5月からスタートさせた。

スマイルズ

「Smash」

img01

「素材、産地、生産者のウラ話」というカテゴリーでは、これまで商品部しか知らなかった商品の裏側をシェアしている。

基本情報
開設時期 2015年5月
目標 全スタッフが月2回以上アクセスする習慣の定着化
管轄する部署 Soup Stock Tokyo事業部ブランディング室/クリエイティブ本部コーポレートブランディング室
更新体制 コンテンツの企画、取材、更新などはブランディング室や、広報担当者が一手に担う。スタッフによる寄稿も多数あるが、担当者が編集したのち公開。記事にはFacebookページの「いいね!」のような「Smashボタン」やコメント機能があり、この数を見ることで記事の反響を知ることができる。

CMSで継続的な更新目指す

約280人の社員と、1500人超のパートナー(アルバイト)を抱えるスマイルズ。スープ専門店などの飲食店のほかにもセレクトリサイクルショップやネクタイブランドなど、多彩な事業を展開している。

「個々の事業は好調ですが、これからはスマイルズという企業単位で、全スタッフ一体となって新しい事業や価値を生み出していくステージに来ています」とクリエイティブ本部 本部長の野崎亙氏は話す。

そこで今年の5月にスタートしたのがイントラネットの社内報「Smash」だ。コンテンツも様々で …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

イントラネットの導入と活用 の記事一覧

スマイルズ、スマホで読めるウェブマガジン式の社内報を導入 社外にも公開へ(この記事です)
2014年に新社長就任のダイドードリンコ、イントラネット活用と閲覧率アップの方法
年間のべ65万投稿、ヤマト運輸のイントラネット「満足BANK」が続く理由
サイバーエージェント、新設の専任チームでイントラネット「CyBAR」刷新の裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する