日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

ドラマ「リスクの神様」レポート

ドラマ『リスクの神様』の才媛・山口紗弥加さんインタビュー「広報は天職!と思って、胸を張りました」

女優・山口紗弥加さん

サンライズ物産の広報部主任・橘由香を演じている女優・山口紗弥加さん。第三話では、広報部で企業広告を担当する由香の「リスク」が描かれました。山口さんがドラマで「広報の仕事」と向き合うなかで見えてきたものとは?

山口紗弥加さん(やまぐち・さやか)
『リスクの神様』 広報部主任・橘由香役


1980年2月14日生まれ。94年CX『若者のすべて』で女優デビュー。最近の出演作にCX『ようこそ、わが家へ』、TBS『ヤメゴク』などがある。現在OA中の『リスクの神様』では橘由香役を演じている。

「広報は天職!」と胸を張った

─山口さんは広告や広報の世界に元々興味があり、広報会議もご存知とのこと。ありがとうございます!

宣伝会議やブレーンをよく拝見していて、広報会議も時々手に取って読んでいました。今回、ドラマで広報担当の役を演じることが決まってからは、お守りのように大事に持ち歩いています。だから「いつもお世話になっております!」という気持ちです(笑)。私たちのように、何かを表現して伝えるという仕事にはPRの視点が必要ですし、改めて広報ってどんな仕事なんだろう?と、色々調べてみました。

中でも印象に残っているのが、広報に必要な資質について「1に笑顔、2に人間力、3は論理的思考……」と書かれていたこと。「広報は万人に好かれなくてはいけない」という記事を読んで、慌てて笑顔の練習を始めました(笑)。完璧な人柄を求められ、企業イメージを左右しかねない責任重大な仕事なのに、実態が伝わりにくいことで評価されにくいのが「広報」と知り…現場のご苦労を思うと、何だか暗い気分にもなりました(笑)。

─第三話では、「由香にとって広報の仕事は本望でなかった」というエピソードが明かされました。

由香は、実は他の部署を志望していて、自分が描いたキャリアとは違った方向に進んでいるという設定は胸に刺さるものがありましたね。そのもどかしさや葛藤をはねのけるための強がりを表現したくて、下を向かない。胸を張って、踏ん張って、仕事をしよう。笑顔でいよう。と心掛けていました。「私は広報を天職だと思ってる!今の仕事が最高に楽しいの!どう?キラキラしてるでしょ?」ぐらいの気持ちで無理して頑張ってましたね(笑)。

どんなに華やかに活躍されている方でも、その裏にはどんな葛藤があって、犠牲があって、決断があったのか、第三者には分かりません。自分が求めていた場所とは違うところで思いもよらず活躍することになってしまったという人もたくさんいて。「本当はこの仕事がしたかったのに!」という悔しさや、夢が破れても必死に前を向いて生きていこうとする、働く女性の強い意志を見ていただきたいなと思い、台詞に力を込めました。

(左から)戸田恵梨香さん演じる「神狩かおり」とのシーン(第一話)。第三話では、企業広告やCMに起用しているアイドル・北条ちなみ(新川優愛)との関係を通じて、橘由香のキャリアの葛藤が描かれる。

社内外を見ている「最後の砦」

─台本を読んでみて、広報の仕事のイメージは変わりましたか。

広報会議の表紙に「広報の力で企業は変わる」とありましたが、本当にその通りだと思います。広報の力が不足していたらどんなに素晴らしい企業活動も日の目を見ることはないかもしれません。PRの方法、切り口を変えた途端に新たな魅力が加わることもあるし、可能性は無限大。責任は重くてもやりがいのある仕事だと感じました。

ドラマの舞台であるサンライズ物産のように、失墜してしまった企業のブランド力をいかに取り戻すのか─そこにも広報の役割があるわけですよね。対外的なブランド力が落ちたということは、同時に、社内の士気も下がっているということ。不祥事を起こしてしまった本人は辞職や出向、異動など何らかの形で責任を取った格好にはなりますが、まだまだ企業は存続していく。企業イメージの回復はもちろん、残された社員の心をつなぎ止め、現場の士気を上げることも、広報の腕の見せどころだと思うんです。

つまりすべてを背負っているのではないか、と。ある意味、最後の砦というか、外にも内にも全方向に意識を向けなければいけない難しい仕事なのかもしれない、とも感じています。

─ドラマは初回から戸田恵梨香さん演じる「神狩かおり」が謝罪会見に臨むシーンがありました。

あのシーンは胸が痛かったですね。だけど、恵梨香ちゃんが演じるかおりは力強く、たくましく、美しいんです。謝罪会見後、かおりは危機対策室へ異動が決まって、私が「大丈夫?ちゃんとやってる?」と声をかける場面があったんですが、彼女のリアクションは「あ、大丈夫なんで私。ご心配なく」と予想以上にサバサバした切り返しで。彼女の言葉には、弱さなんて絶対に見せない!不遇、不運には屈しない!という強さがあふれていて。負けてられないなと、火がついたんです。

由香としては、華々しく活躍してきたかおりへの嫉妬心とか憧れとか、複雑な感情が裏にはあるので、むしろライバル心をかき立てられたというか。テレビの画面越しに、微かな火花を散らしている女同士の闘い、みたいなものが伝わったら嬉しいです(笑)。

「伝えたい」と闘う気持ちに共感

─山口さん自身、女優としてのキャリアを積む中で企業で闘う女性を演じる機会が増えていますよね。

そうですね、社会の一員として認められる年齢になったのかな、と思うと嬉しいです。一方で、「さて、あなたの中には何があるの?」と、真価を問われているとも感じます。それって怖いんだけど、ワクワクする気持ちも強くて。本当に今、仕事が楽しいんですよね。「役者の基点は自分である」─これは尊敬する先輩にいただいた言葉ですが、一度自分を受け入れたら、自分を試してみることが面白くなって、監督の指示にも「+αで何かやってやろう!」みたいな状態です(笑)。

もちろん自分が伝えたいことを100%相手に届けるのは難しくて。かといって失敗を恐れて守りに入れば明日はないぞ、挑戦あるのみ!と自分に言い聞かせています。きっとその難しさは広報のお仕事も同じですよね。皆さんも日々、闘っているんだ!と感じられたことで、私ももっと頑張らなきゃ!という気持ちになりました。

ドラマでは、由香は第三話の最後で海外への出向が決まりますが、物語の後半には、また日本に戻ってくるんです。そのとき、どんな姿で戻ってくるのか。転機を「チャンス」と言って切り抜けた、由香の強さをどう表現するのか……。このドラマでの私自身の最大の見せ場だと思っています。

ドラマ「リスクの神様」レポート の記事一覧

リスクフルな社会を生き抜く企業にこそ、報道されないドラマがある
企業の危機対策がドラマに!広報担当者のための『リスクの神様』見どころガイド
ドラマ『リスクの神様』の才媛・山口紗弥加さんインタビュー「広報は天職!と思って、胸を張りました」(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する