日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報担当者の事件簿

粉飾決算が発覚 その時、広報は?小説で学ぶクライシス対応

佐々木政幸(アズソリューションズ 代表取締役社長)

    File 東京建設粉飾決算事件〈前編〉

    【あらすじ】
    社長室に呼ばれた広報部長の龍田信人が1時間も戻らない。東京建設の広報課長、丹波和広はこみ上げる悪い予感をかき消せずにいた。そんな時、広報室に1本の電話が入る。「御社の決算で、不適切な処理が行われていたという情報があります」。週刊誌の記者からの問い合わせだった。混乱する丹波に、社長室から戻ってきた龍田が衝撃の事実を告げた─。

    6月18午前11時50分

    広報部長の龍田信人が社長室に呼ばれてから1時間が経過した。窓の外を眺めると、昨夜から降り出した雨が、今も窓ガラスを濡らしている。頭上からは冷えた空気が送り出されているが、梅雨らしい湿気が肌にまとわりつく。課長の丹波和広をはじめとした5人の広報部員は、部内のミーティングを中座した龍田の戻りを待っていた。あと10分で昼食時間になるが、皆、席を外していいものか迷っている。「みんな、食べてきていいぞ。俺が待っているから」と丹波が声をかけた。「では、さらっとラーメンでも食べてきますね。すぐに戻ってきます」と広報部の紅一点、渡瀬真琴がいつもの笑顔で応じたのを合図に揃って出て行く。「ゆっくりでいいぞ」と背中に声をかける。

    一人残された丹波は社長室での議題が気になっていた …

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報担当者の事件簿の記事一覧

広報担当者の事件簿の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する