日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域活性のプロが指南

商店主のやる気がハンパない!伊丹西台ポスター展の舞台裏

日下慶太(コピーライター)

地域を活性化させるプロジェクトに携わる筆者が、リレー形式で登場する本シリーズ。関西の商店街を舞台にポスター展を企画してきたコピーライターの日下慶太さんが、新世界市場や文の里、伊丹市など、メディアの注目を集めた企画の裏側を解説します。

商店主大プレゼン大会の様子。
訥々と話す居酒屋店主、パワーポイントを用意する弁当屋、かぶり物をするバーテンダー、双子の娘に挟まれながら語る写真店……みんな必死で自分の店をアピールした。それが新鮮でとてもよかった。

ポスター展と売上の関係は?

今回は第3回の伊丹西台ポスター展(3月1日終了)を取り上げる*1。兵庫県伊丹市の西台地区という、阪急伊丹駅の西側に位置するエリアにて、開催されたものだ。かつて伊丹の中心地であった西台は阪神大震災で壊滅的な被害を受けた。さらに、JR福知山線の複線化によりJRから大阪へのアクセスが格段によくなり、町の中心が阪急伊丹駅から800メートルほどのJR伊丹駅の方へシフトしていった。

*1 これまでの企画の会期は次のとおり。第1回「セルフ祭」:2012年5月25日〜27日/第2回「セルフ祭」:2012年7月28・29日/新世界市場ポスター展:2012年11月23日〜2013年1月13日/文の里商店街ポスター展:2013年8月28日~12月31日/伊丹西台ポスター展:2014年11月1日~2015年3月1日

西台はかつての面影もなく住宅地といくつかの店舗が混在する静かな町になりつつある。かつての盛り上がりを取り戻したい、そう思った商店主たちが電通にオファーをした。今までのポスター展との違いは、大きく5つある …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性のプロが指南 の記事一覧

商店主のやる気がハンパない!伊丹西台ポスター展の舞台裏(この記事です)
まとめサイトで拡散、台湾から観光客もやってきた「文の里商店街ポスター展」
PR効果は1億円、大阪・新世界市場「商店街ポスター展」の裏側
地域活性のPR効果を倍増させる、メディアの食指を動かす事件を起こす方法
地域を活性化させる商品開発も広報計画も、デザインから始まる
地域活性も「広報」の力で深い共感を引き出す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する