日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

オフィスイノベーション

働きやすさを最も重視したNHN PlayArtの新オフィスに潜入

NHN PlayArt

新しいアイデアや事業は、社内のコミュニケーションの場から生まれることも少なくない。こうした作用を生み出すスペースを設けている企業のオフィス哲学とは?

img01

新オフィスのコンセプトを「パーク・ミュージアム」と銘打ち、都心にある公園をイメージして空間を設計した。リフレッシュスペースは本格的なカフェのようで、社員同士の打ち合わせに使う人もいれば、ひとりで作業に没頭する人もいる。もちろんコーヒーを飲みながらくつろぐ人も。さながら街中にあるお洒落なカフェのよう。

2013年、現LINEとなるNHN Japanが会社分割を行い、NHN PlayArtは誕生した。同社開発の「LINE:ディズニー ツムツム」などのスマートフォン向けゲームアプリやコミックサービス「comico」も好調とあり、社員数も次第に増加。2013年12月の計画開始から、実に395日もかけた大型プロジェクトにより、2015年1月に渋谷ヒカリエから虎ノ門ヒルズへと移転した。

オフィスコンセプトは「楽しさを創造する都会のオアシスのような空間=パーク・ミュージアム」とし、「見せるためのオフィス」を目指すのでなく、「働きやすさ」を重視した。その中で生まれたキーワードが「セカンドホーム(二番目の家)」というものだった。プロジェクトメンバーの平田真理子さんによると「最も力を入れて設計したのは、社員個人が働くスペース。オフィスを“セカンドホーム”と位置づけ、自宅と同じように居心地の良い場所になるよう工夫しました」。

平田さんが所属するのは「クリエイティブセンター CX室」。CXとは「カルチャーエクスペリエンス」の略で、空間や環境、コミュニケーションなど会社のカルチャーをつくる部署だ。オフィス内はCXの観点から、オリジナリティのある設備が多数見られる。例えば、各フロアの執務エリアをつなぐ打ち合わせスペースにはそれぞれテーマがあり、デザインや漂う香りまで違う …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスイノベーション の記事一覧

働きやすさを最も重視したNHN PlayArtの新オフィスに潜入(この記事です)
透明性にこだわったショップジャパンの新オフィスに潜入、オープンブックマネジメントとは?
ヤンマー本社の新オフィスに潜入、「資源循環型」目指す企業姿勢を体現
まさにクリエイターの天国!約2倍に拡大したコロプラの新オフィスに潜入
新宿西口のスバルビルから48年ぶりに移転、恵比寿の新オフィスに潜入!
先進の技術と自然が調和、ソフトバンク・テクノロジーの新オフィスへ潜入!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する