日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

IR NEWS

東証IRフェスタ2015開催 海外への情報発信も課題

上場企業と個人投資家が一堂に会す「東証IRフェスタ」。3月に都内で2日間にわたり開催され、79社5団体が出展した。各社の声から、投資家向けコミュニケーションの課題を探る。

3月13日と14日の2日間、東京国際フォーラムにて行われた「東証IRフェスタ」の様子。上場企業79社5団体の出展に対し、計1万6990人が来場した。

新たな投資家との接点探る

3月13日と14日の2日間、東京国際フォーラムにて日本取引所グループと東京証券取引所が主催する「東証IRフェスタ2015」が開催された。個人投資家と上場企業とのコミュニケーション機会の提供を目的としたもので、79社5団体が出展。9回目となる今回は、合計1万6990人が来場した。

会場では、上場企業の経営トップやIR担当役員などが会社説明会を行い、各社の事業展望や戦略、製品・サービス情報などが紹介された。会場での出展企業へのインタビューからは、国内のみならず海外への情報発信や企業価値を高めるコミュニケーションなど、IR活動の課題が明らかになった …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する