日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

デジタル広報再入門 実践編

デジタル広報の成果を可視化、社内共有で営業活動を支援する方法

森勇一(サッポロビール デジタルマーケティング室)

デジタルコミュニケーションに取り組む企業にとって、効果検証の方法は課題だ。サッポロビールの森勇一氏が重視するのは「ファンづくり」を主眼とした考え方。デジタルマーケティング室を中心に、社内の情報共有や営業支援にも取り組んでいる。

成果を可視化し社内共有

かつて企業のデジタルコミュニケーションといえば、自社ウェブサイトやメールマガジンが一般的でした。今は、それらに加えてソーシャルメディアを運営している企業も多いと思います。

私はサッポロビールのデジタルマーケティング室にて、ウェブサイトやソーシャルメディアの管理運営をしています。主に携わっているのはFacebookページとTwitterのソーシャルメディアですが、今回のテーマである効果測定は、他社の担当者の方々と同様に立ち上げ当初から課題のひとつでした。

ソーシャルメディアを運営している担当者の多くが「効果測定が難しい」「成果が見えづらい」という悩みを抱えていると思います。「エンゲージメントを向上させることによってどんな効果が得られるの?」と言われる担当者もいるでしょう。当社はこういった状況に、「目的を見据えて指標を定めること」「結果を適切に社内へ展開すること」の2つで対応しています。

効果測定の目的は、活動の改善のためにはもちろんですが、私は活動の成果を可視化して社内に共有し、営業支援へつなげることも重要だと考えています。その連携やスピード感などから、当社のウェブ運営は基本的に内製で進めています。実際にデジタルマーケティング室では、別組織であるブランド戦略部や営業部から「こんなデータがほしい」という要望があれば、小1時間で出せる仕組みを整えています。

本稿では、サッポロビールのオウンドメディア運営の目的、どのように効果測定をしているのか、さらに社内への展開までをレポートします。

一人ひとりを知りファン育成

当社のデジタルコミュニケーションの目的は、ずばり「ファンづくり」です。サッポロビールが運営しているオウンドメディアは、大きく分けてウェブサイトとソーシャルメディアの2種類がありますが、目的は同じです。

もう少し具体的に言うと、デジタルコミュニケーションを介して優良顧客を育てたいと考えています。一人のお客さまとサッポロビールとの距離が縮まることが大事なのはもちろんですが、そこにはさらに「その人を通して友人・知人にファンが広がっていく」という効果が期待できます。

サッポロビールでは、デジタルコミュニケーションを通して「ファン育成」と同時に「ファンからその友人への広がり」を目指している。図のように、新規ユーザー獲得とファン育成のサイクルはつながっている。

この考えを表したのが、図1です。昨年、当社は新たにウェブ戦略を策定しました。そこで打ち出した考えのひとつがこちらです。メールマガジンやソーシャルメディアの投稿をフックに、オンラインで様々なブランド体験をしていただく。それを感動するくらいのレベルにできれば、外へ発信してくれる確率が高まります。すると、今度はその人とつながりがある新規ユーザーが関心を持ってくれて、ブランド体験に至る。ファンと新規ユーザーは、このようにつながっているのです。

ここでは当然、ブランド体験の質が問われます。どんな体験が好まれるのかは …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル広報再入門 実践編 の記事一覧

デジタル広報の成果を可視化、社内共有で営業活動を支援する方法(この記事です)
ソーシャルメディア時代の広報効果測定、カギは「自分ゴト化」と「仲間ゴト化」
広報も売上に貢献する時代、インバウンドマーケティングをPR戦略に組み込む
コンテンツマーケティングの浸透で拡大、広報の役割と可能性を考える
ワコールのニュースページに学ぶ、サイトリニューアルの手順とは?
企業サイトと外部メディアの連携で「情報伝播」を最大化する方法
進む「情報の分散化」、広報管轄での企業サイトリニューアルのポイント
ソーシャルメディアで変わった、米国「パブリックリレーションズ」の定義
広報担当者は知っておきたい!ソーシャルメディアの傾聴・発信、ブロガーとの関係づくりのポイント
もしもあなたの会社が「炎上」してしまったら?ソーシャルリスク対応の3ステップ
ネット告発、悪意のレビュー…2014年の主なネット炎上事例と15の傾向
BtoB、アルバイト多数、ワンマン社長…企業のタイプ別・起こりやすい炎上と対策ノウハウ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する