日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「企業リスクと広報対応」10年史

社員のリストラ 企業にネガティブなイメージを持たせない広報対応とは?

世界同時不況と「派遣切り」問題

2008年末〜
世界同時不況と「派遣切り」問題

『広報会議』(2009年3月号)特集「リストラ」より。

2008年9月のリーマン・ブラザーズ破たんを発端とした世界同時株安。日本でもその影響は大きく、同年10月の日経平均株価は一時バブル後最安値となる7000円を下回った。

2006年の労働者派遣法の改正で製造業の派遣上限が3年に延長され、その期限となった2009年には大量の期限切れとなる派遣労働者が出ることは、「2009年問題」として予見されていたものの、大手企業の人員整理や「派遣村」での炊き出しの様子は、景気悪化の象徴的な出来事として報じられた …

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する