日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

米国PRのパラダイムシフト

世界最大手PRエージェンシー・エデルマンのトップが語る「PR会社はコンテンツクリエーターであれ」

岡本純子(コミュニケーションストラテジスト)

世界最大手のPRエージェンシー、エデルマン。ソーシャルメディアとPRの親和性に注目するほか、「PRパーソンはもっとクリエーティブであれ」と提言している。

CEOのリチャード・エデルマン氏。

求められるビジュアルセンス

─ソーシャルメディアはPRにどのようなインパクトを与えたか。

非常に根源的な変化をもたらしたと思う。特に、若い人は(直接メディアのサイトに行くのではなく)ソーシャルメディアを通じて、ニュースメディアにたどり着く。企業にとって、FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアでのプレゼンスは必須のものとなっており、そのために、バイラルに拡散しやすく、ビジュアルを重視したコンテンツが求められるようになった。かつてはプレスリリースを書き、メディアに売り込み、掲載してもらうというのがPRの王道であったが、今は、企業自身がストーリーをつくり出す「メディア」の役割を果たすようになってきた。

─PRパーソンの役割はどのように変わったか。

「書く」ことができるだけではなく、もっとクリエーティブでなければいけない。広告のような(一方通行の)発想ではなく …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

米国PRのパラダイムシフトの記事一覧

米国PRのパラダイムシフトの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する