日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

NEWS

銘菓が取り組むインバウンド対応とは? 老舗メーカーによるハラル認証

2013年に初の1000万人を超えた訪日観光客と、2030年には世界人口の26%になると推計されるイスラム人口。老舗の国内企業も新たな市場に対応する動きが出てきた。

1月15日、都内で記者発表会が行われた。ハラル認証書を手にしているのが
廣榮堂・総合企画部長の嶋田一夫氏(中央左)と取締役営業本部長の伊藤平氏(中央右)。

2013年に1000万人突破、2014年に消費税免税制度改正、そして2020年の東京オリンピックを控え、今後ますますの増加が見込まれる訪日観光客。日本政府観光局の調査によると、2015年1月は121万8000人を記録し、前年同月比29.1%も増加したという。中でも、タイ、シンガポール、マレーシアなどのASEANの数カ国からの観光客は過去最高を記録した。

ASEANには、2030年に世界人口の26%に達すると推計される(ピュー・リサーチ・センター調べ)イスラム教徒が多く生活している。ハラルと呼ばれるイスラム合法が存在し、食べ物や行為に対してのルールが厳格に決まっているため、日本でもイスラム教の戒律に従って製造した証明となる「ハラル認証」の取得に注目が集まっている。1月には …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する