日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

基礎からのIR講座

企業の評価を左右するIR担当者の「やりがい」、そして「目指すべき姿」とは?

貝沼直之(ドンキホーテホールディングス)

株主や投資家、アナリストとのコミュニケーション、各種ツールの作成など多岐にわたる上に奥深いIRの仕事。豊富な実務経験をもとに、IRベテランの方々にそのコツを伺います。

IR担当者の力量が問われる

こんにちは。今回がいよいよ最終回ということでIR担当者の「やりがい」、そして「目指すべき姿」について私の思いを述べさせていただきます。

皆さまも日々IR業務に向き合っていると、悩んだり苦しんだりすることがあるかと思います。株価が急に下がって経営から問い詰められたり、IR業務に必要な社内情報を収集しようとして、本業の邪魔だとすげなくされたり。しかし、そうした軋轢や摩擦を克服して地道にIR業務をやっていると、その成果物である決算説明会資料や統合報告書などが、自社の企業理念やビジョン、経営戦略を明確に表現する最善のツールとなり、社外の投資家だけでなく社内でも重宝されるようになります。また、IRでの対話を通じて得られる中長期成長のための投資家による課題解決に向けた指摘が …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

基礎からのIR講座 の記事一覧

企業の評価を左右するIR担当者の「やりがい」、そして「目指すべき姿」とは?(この記事です)
注目を集める「統合報告書」の最新事情
2015年は導入企業も増加 統合報告書をめぐる最新の動向  
注目のIRトピックスを解説 ステークホルダー間の認識ギャップを是正する「伊藤レポート」
IR業界のホットトピックス 「スチュワードシップ・コード」を徹底解説
IR担当者が知っておくべき 社外とのコミュニケーションのノウハウ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する