日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社内報編集部訪問

「社員のおもしろい個性を発信」松竹の社内報編集部に潜入

松竹

編集部は3人体制。堀端さんは編集長着任後、社内報のリニューアル作業に着手した。

2015年に創業120周年を迎える松竹は、2014年に『松竹グループ社報』をリニューアルした。コンセプトは「“社員の顔”が見える社内報」。縦(経営陣と一般社員)と横(部門間、グループ会社間)のつながりを意識し、全グループ社員がまんべんなく登場できるよう、すべての企画を一新した。

「エンターテインメントを提供する会社なので、面白いことが好きな人が集まっています。事業紹介だけでなく、社員一人ひとりの個性や考えも積極的に発信していく必要があると考えました」と、編集長の堀端恵一さんは語る。

中でも広報室の思いを象徴しているのは …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報編集部訪問 の記事一覧

「社員のおもしろい個性を発信」松竹の社内報編集部に潜入 (この記事です)
ノウハウ学べる特集が人気 キヤノンの社内報制作のポイント
エンターテイナーな社員が表紙撮影に全力投球 バンダイの社内報
人気企画は「わが社のそっくりさん」 富士ソフトの社内報編集部に潜入
骨太のアンケート特集が好評 長谷工コーポレーションの社内報
モバイルゲームのグリーが、あえて紙媒体にこだわった理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する