日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ご当地キャラ博士が解説!ヒットのツボ

ダンボールのマーメイド 「やなな」引退後のあの商店街は今 

野澤智行(アサツー ディ・ケイ)

プロモーションや地域振興など、目的に応じた企業や行政団体によるキャラクター活用事例と、ヒットを生み出すポイントについて、キャラクタープロモーションの第一人者・野澤智行氏が解説します。

柳ケ瀬商店街本通り(岐阜市)の「やなな」フラッグとお猿のくぅ&キャラガ~ル☆ゆっこ。

製作費1万円で「やなな」登場

繊維産業の隆盛に伴って活況を呈し、「柳ケ瀬ブルース」で知られた岐阜県岐阜市の柳ケ瀬商店街も、全国の地方繁華街と同様、近年は郊外型店舗に顧客を奪われてシャッター商店街化が進行し、大型店舗も相次いで閉店するなど衰退の一途を辿っていた。

そんな中、通称「鬼マネ」こと佐藤徳昭さんが率いる街おこし団体「ひとひとの会」が2008年に登場させたのが、非公式キャラクター「やなな」である。

柳ケ瀬商店街のアーケードを模した段ボール製の頭を被ったマーメイドで、製作費1万円。チープな外見ながら、パフォーマンスの面白さとユーモアに富んだ筆談コミュニケーション、一度会ったファンのことを覚えている律儀さとのギャップで注目されていった。筆者も2008年に「ゆるキャラまつりin彦根」で初遭遇してそのポテンシャルに惹かれ …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ご当地キャラ博士が解説!ヒットのツボ の記事一覧

ダンボールのマーメイド 「やなな」引退後のあの商店街は今 (この記事です)
アナ雪、妖怪ウォッチ…… 2014年のヒットキャラクターコンテンツを総括 
参加団体の投票疲れも, 明暗分けた「ゆるキャラグランプリ」
ご当地ヒーローや萌えキャラとコラボ 福島に13万人を呼んだイベントとは?
過疎地に息を吹き込んだ 高知県須崎市の「しんじょうくん」が大活躍
船橋の梨をブランド化、ふなっしー活用で注文殺到の裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する