日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域活性のプロが指南

地域活性のPR効果を倍増させる、メディアの食指を動かす事件を起こす方法

江副直樹(ブンボ)

地域プロデュースに携わる筆者が、リレー形式で登場する本シリーズ。九州を拠点に活動する、ブンボの江副直樹さんによる連載は今回が最終回。地域のプロジェクトと広報による効果について、解説していきます。

img01

(写真左)福岡県那珂川町、南畑ぼうぶら会議の面々。元は区長会の集まりだった。衰退する地域の活性化を真剣に考える。平均年齢65歳。
(右)写真講座を受講中。いまでは、全員がFacebookのアカウントを持つ。その後、ガイド本を作り、この秋にはアートウォークのイベントを成功させた。

口の端に乗って。

早くも最終回ということで、もう一度言う。知らないものは買えない。知らないところには行けない。前にも言ったが、何度でも言う。情報発信、広報、広告、宣伝、等々。言葉は違えど、情報を届けなければ、また到達しなければ、それはないのも同じ。狼煙の古代から、インターネットの今日まで、情報は口コミによって広がる。現代は、口コミがテクノロジーによって、変質しながら、増幅しているに過ぎない。情報は口から口へ。

企画力と表現力?

声を上げなければ聞こえないということなのだが、問題は声の上げ方。有名になればいいわけではない。認知の質が重要だ。訴えたい事実が良好なイメージとともに伝わるかどうか。それらをコントロールするのは、詰まるところ文章と写真などのビジュアル。そうしたエレメントの関係を作り、まとめるのがデザイン。ちょっと難しくなってしまった。

まず、商品の企画。表現の前のここで勝負はほぼ決まり。ついで ...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性のプロが指南 の記事一覧

地域活性のPR効果を倍増させる、メディアの食指を動かす事件を起こす方法(この記事です)
地域を活性化させる商品開発も広報計画も、デザインから始まる
地域活性も「広報」の力で深い共感を引き出す
佐賀の「建具屋むっく」、大分別府「山田別荘」が息を吹き返した理由
地域プロデュースの根幹にある、「総合デザイン」という考え方
地域資源を掘り起こす「傑作シナリオ」を誰に書かせるべきか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する