日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報という仕事

広報担当者が外部委託先に求める条件・能力ランキング 1位は?

企業の広報・PR活動に関する調査

“外部委託先に求める専門性”の1位は「メディアとのネットワーク」だった。続くのが「最終的な成果」(2位)、「企画提案力」(3位)、「対応スピード」(4位)。“評価が高かった”または“期待を下回った”外部委託先についても回答を得た。

※文中の企業名のイニシャルは特定企業の頭文字を指すものではなく、ランダムに表記しています。

「コスト」と信頼の対価

●低予算でも誠意を見せてくれた
新興系のPR会社Z社。決して多いとはいえない予算の中でも、誠意を持ち一生懸命最後まで尽力してくれた(サービス)

●都度費用請求で不信感…
新興系のPR会社H社。担当者の知見と技術の少なさのほか、都度費用請求による不信感が募った。対応が悪い(IT)

●コスト削減にも対応
社内報制作を外注しているS社。コスト削減の要請に応じつつも、クオリティを維持していただいている(IT)

●スポット費用がかさむ
リテナー費用を払っていても成果ごとにスポット費用が発生するので、費用がかさむ点が問題。リテナー費用内で ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報という仕事 の記事一覧

7割の企業が実施している広報効果測定、社内フィードバックの方法は?
2015年、相次ぐ「Twitter告発」…ネット炎上対策マニュアルを持つ企業は3割超に
企業サイトの多言語対応は5割超、海外向け広報活動の実態とは?
「ウェブメディアへのリリース配信」「ブロガー向けPR」実施企業は何割?デジタル広報の実態
広報が取り組む「コーポレートブランド管理」に注目、その意義とは?
広報担当者が外部委託先に求める条件・能力ランキング 1位は?(この記事です)
社内広報「専任担当がいる」企業は42.7%、2015年はインナーコミュニケーション元年へ
約2割の企業が年間100本以上のリリース配信、「受け身広報」からの脱却が課題に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する