日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

リスクと広報

取締役インサイダー問題で見せた イオンの鮮やかな広報対応

CASE STUDY
2014年危機広報 見習うべき事例とは?

メディアトレーニング専門家 佐々木政幸氏はこう見る


取締役インサイダー容疑を迅速に広報したイオン

2014年4月、イオンがダイエーに対する株式の公開買い付け(TOB)を実施した際に、事前の社内会議で入手していた情報をもとに、知人名義の口座を使い同社株を買い付け約112万円の不正な利益を得ていたとして、インサイダー取引の疑いで同社は執行役を解任した。その決断は早く ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する