日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社内報編集部訪問

人気企画は「わが社のそっくりさん」 富士ソフトの社内報編集部に潜入

富士ソフト

編集部は2人体制。編集支援会社をほとんど使わず、取材や執筆などは内製にこだわる。

富士ソフトの社内報『ひのき』の創刊は、創業から3年後の1973年。社長から月に1度、給与明細とともに手渡されていたチラシ形式の社内報がルーツとなっている。現在は冊子形式で、内容も創刊当時より充実しているが、タイトルにも使われている会社のモットー「ひのき(ひ=品質、の=納期、き=機密保持)」の精神は、当時から変わらず社員に受け継がれている。

編集部は2人体制。表紙撮影やレイアウトの一部を外注しているものの、取材から執筆までほぼ自前でこなしている。「技術者に取材することが多いので、どうしても専門性の高い話になりがち。できるだけ簡単な言葉で解説してもらうよう心がけています。また、インタビュアーとして ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報編集部訪問 の記事一覧

人気企画は「わが社のそっくりさん」 富士ソフトの社内報編集部に潜入(この記事です)
骨太のアンケート特集が好評 長谷工コーポレーションの社内報
モバイルゲームのグリーが、あえて紙媒体にこだわった理由
IIJに聞いた「ウェブ社内報」のつくり方
業界の最新トレンドも学べる 三井不動産レジデンシャルの社内報
隣町のスーパーも隣国のスーパーも見られます!西友の社内報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する