日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

コーポレートサイト運用白書

大学公式サイトの新時代到来か、早稲田大学のサイトリニューアルが話題に

早稲田大学

ビジュアルを中心に据え、レスポンシブウェブデザインを採用した。最上部の「Headlines」で最もホットなニュースを、中段の「Topics」で様々なニュースを告知。最下部にはキャンパスの雰囲気が伝わるタイムラプス(倍速再生)を含んだ動画などを置き、新しい早稲田大学のいまをアピールする。

早稲田大学は11月、6年ぶりにオフィシャルサイトをリニューアルし、グローバル性を重視したデザインを取り入れたサイトを誕生させた。これは創立150周年に向けた中長期計画「Waseda Vision 150」のスローガン、“アジアのリーディングユニバーシティ”を念頭に置いたもの。2016年3月までに約80の学部・研究科・附属機関などのサイトをリニューアルする予定だ。これまでの文字中心のサイトを脱し、写真を大きく扱い、海外のユーザーにもひと目でわかる直感的なデザインとした。

広報課の松岡良平氏は、「リニューアル前の一番の課題は、各学部・研究科ごとにデザインと構造の異なるサイトを独自に運営していたこと。サイト間での連携が取りにくい構造になっていた」と話す。また ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コーポレートサイト運用白書 の記事一覧

大学公式サイトの新時代到来か、早稲田大学のサイトリニューアルが話題に(この記事です)
訪問者を迷わせない 使い勝手を追求した日本生命のコーポレートサイト
アクセス数に応じてブランド表示順が変動、日清食品HDの新コーポレートサイト
リコーが自社サイト運営に導入した「コンテンツオーナー制」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する