日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

IRの学校

新人IR担当広子と学ぶ 「IR担当って何をすればいいの?」

まぐまぐ 大森慎一

株式上場に伴うIR課の体制強化で、広報課からIR課に異動になった広子。「急にIR担当って言われても…、何から一体始めればいいの?」。困った広子は広報課時代に知り合った他社のIR担当者・海野さんに相談した。そこで、都内某所で定期的にIR担当者の異業種勉強会が開催されていることを知る。11月某日、広子は藁をもつかむ思いで、その勉強会が開かれているというセミナールームのドアをノックした――。

1時限目

IR担当のすべきこと

PRとIRってどう違う?

広子 ▶海野さんから紹介を受けた広子です。IR課に配属になりました。右も左も分からないのですが、よろしくお願いします。

大森 ▶ようこそ。広子さんは、以前は広報課にいたんだよね。IRの担当者に求められる能力は、(1)IRの基礎知識を別にすると、(2)コミュニケーション力(3)コーディネート力だったりするので、広報経験者だと有利だよ。

広子 ▶ありがとうございます。でも、社内にはIRの仕事に精通している人がいなくて。IRって何をすればいいんですか?

大森 ▶仕事の内容の前に、IRとPRの違いって分かる?

広子 ▶一応、調べてきました。IRは、インベスター・リレーションズの略形で...

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する